性別男性  年齢31歳  地域東京  現職営業  志望営業

 

評判・口コミ

新たな職種にチャレンジしようと転職を決意したのですが、キャリアアドバイザーの方にこれから長く働いていこうと考えた時に今のキャリアを活かしたほうが良いとアドバイスしていただき、その説明にとても納得ができたので気持ちが固まりました。

ご対応いただいたキャリアアドバイザーの方は、転職市場に関する情報・知識が豊富な方で、分かりやすく的確なアドバイスをしていただいたことに感謝しております。

 

新しい職種は魅力的に感じますが、理想と現実は異なります。 今までのキャリアは生かしつつ、さらにステップアップするのは好ましい事ですが、今の仕事が不向きと感じ、キャリアチェンジするのはリスクも高いかと思います。

 

今回のケースでは、キャリアアドバイザーのアドバイスによって、新たな職種へチャレンジすることはなくなりましたが、これが良かったのか?悪かったのか?は正直分かりません。

 

新しい職種にチャレンジする事で明るい未来が待っていたかもしれませんし、そうでないかもしれません。キャリアアドバイザーが転職させやすいように誘導したかったのかもしれません。


求職者は、転職エージェント(人材紹介会社)のキャリアアドバイザーは転職のプロ・・・と思い込んでいます。そのプロの言葉は説得力があり、引き込まれる事もあると思います。ただ、それが正しいかは分かりません。


参考にする分には構いませんが、自分の人生がかかった転職ですので、最終的には自分が納得できる選択をするようにしましょう。

 

一般論として何かを始めるのに遅い事はありません。30歳から新しい事を始めたとしても、その後、30年近くはその職種で働く事が出来ます。


ただ、20歳から始めた新卒と比較すると、その10年近くの差は大きい事、また、企業が未経験の30歳を採用するケースはあまり多くないと思います。


今回のケースではチャレンジせずに、新しい職種は断念した結果となりましたが、気持ちが強いのであれば、チャレンジしてみても良かったように思います。


それでダメであれば諦めもつき、今の職種で頑張る事ができるのではないでしょうか。
common_content id="193"]