お名前サムさん  性別男性  年齢28歳  地域東京  現職SE  志望SE

 

評判・口コミ

終電ばかりの生活に疲れて転職を考えました。しかし、激務で転職活動なんかする時間がなかったので、WEBで見つけたtype転職エージェントを利用しました。
typeはIT業界に強いというはWEBに書いてありましたので、はじめはとりあえずという気持ちで申し込みました。
IT業界で激務はどこいっても同じかなと思っていたのですが、給料安くてもいいからもう少し自由な時間がほしいと伝え、求人を紹介してもらいました。
IT業界に詳しいアドバイザーが担当でしたので、激務の辛さを理解してもらえ、話をするだけでもだいぶ気が楽になったのを覚えています。
それで転職活動はというと、残業はあるけれど終電にはならない求人を紹介してもらい内定に至りました。
今のところ、終電帰りはないので満足です。

 

サムさん投稿ありがとうございます。 終電の毎日は辛いですよね。IT業界は過酷と言われますが、自分の生活を犠牲にする価値があるのかどうか?このまま続けるかよく考える必要があると思います。

 

私は以前外食産業にいたのですが、9時出勤-0時退社という日々が続き、辛かったのを覚えています。タイムカードはありましたが、定時になればタイムカードをきって、そのまま働き続けるのが当たり前でした。


サービス残業が問題視されるようになった昨今は多少は緩和されたと考えられますが、一部業界では同じ事が続いていると思います。「仕事を1人前に出来ないのだから、サービス残業は当たり前。」といった事も平然と言われた記憶があります。


今思えば、だから、あんたら上司は給料が良くて、私らはアルバイト同然の給料で働いてるんだろ!と言ってやりたいと思いますが、昔の人は、それが当たり前だったんですよね。


上司(昔の人)も自分の時間、家族の時間を犠牲にしてきたという事だと思います。同じ犠牲者とも言えます。働く事によって、本来大切すべき時間をなくしてしまっては元も子もありません。


終電が当たり前の仕事で、自己実現が出来るのであれば、それも良いでしょうが、矛盾に感じる事が多ければ、転職を検討すべきでしょう。


なお、私は今は製薬業界では、9時―19時という普通の生活が送れています。普通の生活が送れるようになったのは転職した成果ですが、毎日終電だと、転職に費やす時間もあまりないかもしれません。


退職してからだと、収入がない状況での転職活動になりますので、焦ってしまい満足のできる転職ができない場合があります。働きながら、転職エージェントを有効に利用するのがこのましい転職活動だと思います。

type転職エージェント(公式サイト)