転職活動において、「企業の良し悪し」をどのように判断しているでしょうか?「有名企業だから」「HPが魅力的だった」「ネットの転職口コミサイトの評価が良かった」などの理由で選んでいる方も多いのではないでしょうか?今回は、選考段階において「企業の良し悪し」を見極める一つの方法をお伝えします。その方法とは、「選考における採用面接官で、企業の良し悪しを判断する」という方法です。

 

採用は経営戦略の中で最も重要なこと

あなたは採用に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか?「急遽辞めてしまった人の補填」や「単なる増員」などのイメージを持たれている方も多いかと思いますが、本質的にはもっと深いものがあります。

 

採用において認識すべき点は、「企業にとって採用活動とは、将来会社を存続・繁栄させていくために欠かすことのできないもの」ということです。言い換えると、 「企業にとって採用活動とは、数ある経営戦略の中でも最も重要なこと」なのです。

 

「企業は人であり、人こそ企業」なのです。そして人を採用する採用活動は、企業活動における生命線とも言える重要なことです。採用は企業にとって非常に重要なことである、このことをまず認識しておきましょう。

 

良い企業を「面接官」で判断する事をおすすめする理由とは?

採用活動は企業活動において最重要項目であることをお話しました。では、「選考における採用面接官で、企業の良し悪しを判断する」ことがなぜできるのでしょうか?その理由をお話しします。

 

おすすめの理由1:企業の採用担当には「エース人材」が抜擢される

第一の理由は、企業の採用担当は「社内のエース人材」が抜擢されることが多いからです。企業が存続・繁栄していくためには良い人材の確保が必要不可欠であるため、企業はエース人材を面接官として抜擢し、良い人材の確保に努めているのです。

 

ここでいうエース人材とは、例えば営業で社内トップの成績を残した人などが当てはまります。営業でトップを取るような人材は、日頃から「お客様を見る目」を養っているため、必然的に「人を見る目」が養われます。その人を見る目を活かし、採用活動で良い人材を見極めることを期待されているのです。

 

期待されていることはそれだけではありません。エース人材は得てして人格が優れ、加えて事業を邁進していく力に長けています。そのため、求職者側にとってもエース人材は魅力的に映ります。エース人材が持つ「人を見る目」と「魅力」を採用活動で活かすために、企業は採用面接官にエース人材を抜擢するのです。

 

このように、「採用面接官はその企業で最も優秀な人材」である可能性が高いです。裏を返せば、「採用面接官を見ればその企業の伸びしろはある程度つかめる」のです。これが、企業の良し悪しを採用面接官で判断することをすすめる理由です。

 

担当してくれた採用面接官が人格的に優れ、かつ優秀だと判断できるなら、その企業は今後伸びていく可能性は高いです。逆に、人格的に魅力的でなく、あまりにも優秀とは程遠い担当者が採用面接官なら、その企業には優秀な人材がいないか、もしくは採用の重要性を認識していません。優秀な人材がいない場合は明白ですが、採用の重要性を認識できていない場合も黄色信号であると判断できます。

 

おすすめの理由2:中小企業の最終面接官は社長

第二の理由は、特に中小企業においては「最終面接官が社長」である点です。これはエース人材が面接官になる最たる例であり、企業のトップ自ら採用面接官になっているということです。中小企業の将来性は社長の手腕にかかっていることが多いため、社長面接は極めて重要です。

 

社長面接においては自らをアピールすることも大切ですが、それ以上に「こちらが社長の良し悪しを見極める」くらいの気持ちで臨んだ方が賢明です。社長の人格が良くなかったり、ビジョンが曖昧であると感じるなら、その企業に入社することは考え直した方が賢明です。中小企業の将来性は社長によって大きく左右されるため、それだけ慎重に判断をすることが大切です。

 

採用面接官は企業の顔

述べてきたように、採用の面接官は企業のトップ、もしくは企業のエース人材であるケースが多いです。つまり、採用面接官を見れば、その企業の将来性はある程度読めるということです。これが、企業の良し悪しは採用面接官で判断するべき理由です。

 

一方、採用の重要性を認識しておらず、面接官に一担当者を配置する企業もあります。そういった企業は、よほど素晴らしい事業戦略や強い商品があれば良いですが、遅かれ早かれ厳しい状況になる可能性があります。それは「企業は人」であり、「良い人材がいない企業は良い企業であり続けることはできない」からです。

 

転職サイトに登録し、選考に進んでみることをおすすめします

今回は企業の良し悪しは「採用面接官」で判断することの重要性をお話しました。転職の口コミサイト等に書かれていることも参考にはなりますが、一番はそこで働いている「生身の人」から判断することです。これが、入社前と入社後のイメージのギャップを防ぐコツです。

 

まずは転職サイトに登録し、気になる企業があれば実際に選考に進んでみましょう。「選考で出会う面接官を通じ、企業の良し悪しをこちらから見極めるんだ」くらいの気概で臨んだ方が、結果として満足できる転職ができます。転職サイトは複数に登録をしましょう。リクナビNEXTやマイナビなど、サイトごとに出ている求人は異なります。それらを比較検討し、気になる企業を実際に受けてみることがおすすめです。

 

転職サイト・転職エージェントの評判を比較!おすすめは?

 

関連キーワード