たくさんの求人を見ている方なら、給与欄や福利厚生欄で、馴染みのない単語にであったこともあるのではないでしょうか。今までの職場になかったような制度が他の会社にはあったりするのも転職活動ならでは。転職サイトで見かける用語について解説します。

紛らわしい用語1:週休2日制

最初にお伝えしたいのが、「週休2日制」という言葉の正しい使い方です。これは求人広告を載せるとしても煩わしい言葉で苦労しているのですが、”週休2日制=土日休み”、というわけではありません。

 

「週休2日制」とは、1ヶ月のうち、週に2日以上休みの週が1度でもある場合に使われます。そのため、「月初めは土日休みがあるけれど残りの週は土曜出勤、日曜のみ休日」という場合でも、週休2日制を名乗って良いことになっています。また、2日連続で休みになるとは限りません。「第3火曜と毎週木曜が休み」という場合でも週休二日制と表現することは出来ます。

 

一方、「完全週休2日制」は、毎週必ず2日以上の休みがあるということです。「完全週休2日制(土日)」と書いてあれば一般的に想像しやすい土日休みです。ただし、こちらも曜日は2日連続とは限りませんので「完全週休2日制(水・金)」のような場合もあるわけです。

 

また、「毎週土日休みだが4月と12月の第1土曜日だけは社内イベントで出勤日扱い」といったように、 1年のうち1度でも週2日の休みが取れない週が発生する場合は、完全週休2日制ではなく週休2日制と表現されます。

 

たとえ週休2日制や完全週休2日制と書いてあっても土日休みとは限りません。求人情報に「土日」と明記されていない場合や、販売業、サービス業など、おそらく土日に人手が足りなくなるであろう業界の募集では、何曜日が休みなのか、シフト制なのかなどを確認するようにしましょう。

 

紛らわしい用語2:年俸制

お給料の支払いは月給制が一般的ですが、外資系企業や営業職、技術職を中心に広まりつつある給与体系です。スポーツ選手の年俸の高さがニュースで話題になるので、言葉自体に馴染みはありますが、自分の給与が年俸制となると具体的に月給制とどう違うのか気になるところ。

 

月給制と年俸制の一番の違いは、あらかじめ1年間にもらう給料がわかるかどうかです。年俸制ですと先に金額が示されているため、今後1年間の生活の見通しがたてやすくなります。ローンの支払計画がたてやすいともいえるでしょう。

 

なお、給与の支払いは月給制も年俸制も1ヶ月に1回です。賃金は毎月1回支払うよう、労働基準法で決まっています。なお、年俸制で示された金額は12分割して月1回支払い、賞与はそれとは別に払われる場合と、16分割にして夏と冬に2分割分を賞与として払う場合とあります。

 

紛らわしい用語3:社会保険完備

社会保険とは 「健康保険、厚生年金保険、労災保険、雇用保険」の4つのこと。これらが全て揃っている場合に「社会保険完備」と表現されます。大抵の会社は完備されているものですが、健康保険、厚生年金保険については、従業員5名未満の法人では強制ではありません。スタートアップ企業やベンチャー企業に応募する際は確認しておく必要があります。

 

社会保険完備ではない会社はそうそう無いと思われがちですが、大手転職サービスで採用エージェントを担当している知り合いからも、「少人数の会社の場合は社会保険完備じゃない場合も充分有り得る。しっかり確認するように求職者にはアドバイスしている」と話してました。

 

福利厚生でよくみる用語1「企業型401k」

福利厚生欄でたまにみかける「企業型401k」ですが、確定拠出年金のことです。確定拠出年金とは、従業員が自分の手で年金を資産として運用する年金制度です。

 

従来は会社が運用、積立し、退職後に支給される「確定給付企業年金」が主流でしたので、自分で管理して資産運用できる点が大きな違いです。そのため、うまく運用することができれば従来よりも高い退職金を手に入れることが可能です。

 

福利厚生でよくみる用語2「カフェテリアプラン」

カフェテリアプランは、企業が用意した旅行やスポーツクラブなどのさまざまな福利厚生メニューを自分で好きなように選べる制度です。カフェで好きなメニューを選択できるような仕組みからこのような名称になっています。

 

たとえば、1人あたり年間8万円分のポイントなどが用意されており、カフェテリアプランを提供するサービス企業で旅行を予約したり、テーマパークのチケットを予約するなどすれば、その分は非課税扱いになる場合もあります。

 

また、単にレジャー関連だけでなく、育児や介護のためにポイントを使うことも可能です。おむつ代や保育園通園費などにカフェテリアポイントを使える場合もあるので、各々の家庭の事情に合わせて活用することができます。

 

転職サイトの紛らわしい用語まとめ

転職サイトに載っている言葉には、今まで自分の会社にはなかった制度や用語も出てくるかと思います。意味がわからない単語はその都度確認し、自分に合った会社を見つけたいですね。

 

おすすめ転職サイト・転職エージェントの比較