転職サイトの求人などで「長期勤続による若年層のキャリア形成のため」などと書かれていて募集する応募者の年齢が絞られていることも少なくないですよね。

 

このような一言が書いてある企業は今回の募集でそれ以上の年齢の人の応募を受け付けていないということを意味しているのですが、なぜ企業は”若い人材”にこだわって即戦力として強いベテランの応募を断ってしまうのでしょうか。その主な3つの理由についてご説明します。

 

比較理由1: 少しでも長く働いて欲しい!

“長期勤続による”と求人に書いてあるように、企業が欲している人材は長く働いてくれる人なんです。若い人は採用した時点ではいつまで会社にいるかはわからなくても、例えば今30歳なら定年を考えてもあと30年は働いてもらえる可能性がありますよね。

 

もし、今採用して本当に定年まで働いてもらうことができるとしたら、企業にはその期間1人分の採用にかかるお金や時間を節約できるというメリットがあります。短期間で転職すると入社しても続かなそうと思われるかも…と応募するタイミングを迷っている人もいるかもしれませんが、なぜこのタイミングで転職しようと思ったのかをきちんと説明できればOKです。

 

若い人が欲しいと思っている企業は自分の会社で長く働いてくれそうなら問題ないと思っているので、我慢して今の会社にいて、転職しやすい絶好のタイミングである企業が採用に積極的な今という時期を逃さないように注意しましょう。

 

比較理由2: 若い人は自分の企業のカラーに染めやすくて扱いやすい

40~50代の転職って実は企業にとってちょっと扱いにくいんですよね。ベテランで社会人歴が長くても新しい会社に入ればまた1番下からスタート…というケースも少なくなく、今までキャリアを積み重ねてきたベテランはその扱いを不満に感じることもありますし、逆に企業側も扱いにくいなと感じることもあるのです。

 

でも、社会人経験がまだあまりなく1~2社程度しか経験していない キャリアの浅い若い人なら企業としても扱いやすいですよね。「前の会社ではこうだったよ」とか「常識としてはこうでしょ」というようなことを言ってくる心配もない若い人材は、受け入れる企業としてもとても扱いやすくて 自分の企業のカラーに染めやすいのです。

 

逆に、 明らかなベテラン相手だと教える側も気を遣いますし、何となく重荷に感じてしまいますよね。そういった意味でも、仕事を教えやすくて今いる社員との人間関係を良くしてもらうためにも、教える側の気が楽な若い人材が転職活動では好まれると言えます。

 

比較理由3:これからの成長に期待

若い人は仕事の吸収も早く、成長も早いですよね。企業が未経験でも問題なしとして若い人を採用するのは、 これからの”伸び”に期待しているからです。きちんと教育して成長させてくれるような企業は余裕があるということでもあるので、転職するのにも良い環境であると言えます。

 

つまり、若い人にとっても未経験の不安が少しなくなり、 大きすぎるプレッシャーを感じずに成長していける可能性が高いです。また、若い人は今いる中堅の社員にない新しい発想を持っていたりする可能性も高いので、企業がそういったことに期待して会社を良くするために若い人を採用している場合もあります。

 

転職したばかりの若い新人が提案をしたり自分の意見を言ったりしていいのかな…と思う方もいるかもしれないですが、 企業は若くて新しい発想を求めているので機会があったらどんどん発言しちゃいましょう。

 

もちろん、面接でも将来的に会社に入ってやりたいことを言うのは面接官にプラスの印象を抱かせます。せっかく転職するならその会社で早く活躍できるように、そのやる気をどんどんアピールしてください。

 

若い人材と中堅・ベテランの比較まとめ

転職サイトを利用する企業が 若い人を採用したいと思っているのは、長期勤続によるキャリア形成のためというのも一つの理由ですが、実はそれ以外にもいくつも理由があるということがわかりますよね。

 

逆に、ベテランを求めている企業はどちらかと言えば転職エージェントを利用する可能性が高いでしょう。転職活動を通して企業に採用してもらうためには若い人材という強みを活かすとともに、 できるだけ企業とのミスマッチを起こさないで”欲しい人材”だと思わせることがとても大切です。

 

若い人を求めている企業に、年齢オーバーしないうちに応募をすることは応募する権利が得られているだけで、中身を知ってもらった時に「うちの会社には合わないな」と思われたらその可能性は自分で潰してしまうことになります。

 

若い時に転職活動を成功させたければ、まず企業側が出した条件や年齢と自分の条件が一致した求人を探し、 自分が企業が欲しい人材にピッタリ当てはまっているといったことをアピールしてみてください。

 

若い時は特に転職活動を始めるタイミングを判断しにくいですが、キャリアアップのためにもできるだけ 自分が応募できる求人が多いうちに転職活動をスタートさせるのがコツです。

 

選べる求人が多ければそれだけ選択肢が広がり、「将来この会社でずっと働きたいな」と思える会社から選ばれる可能性も高くなります。転職サイトには若い人材が欲しい企業がたくさん掲載されているので、是非その中で企業を比較して、自分がいいなと思った企業に応募してみてくださいね。

 

転職サイト・転職エージェントの評判を比較!おすすめは?