転職をする時に転職エージェントを使って転職するべきか、それとも転職サイトを使うべきかで迷う方も多いでしょう。

 

転職活動ではアドバイスももらえて競争率も比較的低い転職エージェントを使った方が早く内定をもらえそうなイメージが強いですが、実際のところはどうなのでしょうか。

 

ここでは、転職サイトの方が有利な点を中心に紹介していきます。

 

転職サイトと転職エージェントを比較!仕組みが違う!

転職サイトと転職エージェントの大きな違いには、まずその仕組みが挙げられます。転職サイトでは個人が自分で求人を探し、応募までを自分1人ですることになります。

 

それに対して転職エージェントでは、専任のアドバイザーが企業と自分の間に入ってくれて就職するまでの相談に載ってくれたり、非公開求人を紹介してくれるといったメリットがあります。

 

企業にとっての良いことは・・・

  • 応募者が勝手に応募をしてこない転職エージェントを使った方が自社が欲しい人材が集まりやすい。
  • 求人を見た人全員が企業へ応募をする訳ではなく転職エージェント内での社内選考を通過した人のみの書類が送られてくる。結果、採用活動の負担が軽くなることです。

 

でも、これって応募者側にとってはもし自分でそのまま応募していたら採用されていたかもしれないのに、転職エージェントに自分の可能性を潰される可能性もあるってことなんですよね…。

 

転職エージェントを使えば色々と転職活動のアドバイスをもらえて面接対策までしてもらえるのは転職エージェントのメリットですが、これが合わない人だとなかなか面接にも進ませてもらえないかもしれません。

 

これなら転職サイトを使って自分1人で転職活動をした方がマシなのでは?と思う人も実は少なくないのです。

 

 比較1:転職サイトの求人の方が興味を持ちやすい!

転職エージェントでは自分の希望を元に、専任のアドバイザーが自分に合った求人を探してきてくれます。転職サイトで膨大な求人の中から自分で求人を探すのはかなりの手間なので、ちょっと楽ができる点は転職エージェントの良いところです。

 

ただし、専任のアドバイザーと自分の企業に対するイメージにギャップ生じていたら、紹介してもらう求人にも興味が持てない可能性が高いです。

 

転職エージェントでは応募者を採用した後のステップとして、企業が転職エージェント側に内定を出した人の年収から30%程度の謝礼を支払わなければいけないので、採用にかかる費用が転職サイトよりも高くなります。

 

採用にかかる費用を抑えたい企業もかなり多いのが、転職エージェントを利用する企業が少数派となる理由です。

 

求人数が少なければその中で比較的マシな企業を消去法で選ぶだけになってしまうので、面接でも志望動機を上手く伝えられなかったり、やる気のないオーラが面接官に伝わってしまって面接は失敗に終わってしまうかもしれないですよね。

 

自分自身が興味を持てる求人というのもやはり消去法で選んだ企業ではなく、たくさんの求人の中から見つけた本当にやってみたいと思うような内容のものです。

 

そういった意味でも、求人数が多くてその中から自分が本当にやってみたい仕事を探し、直接企業に応募するところまでができる転職サイトの求人の方が興味を持てる可能性は高いのです。転職サイトは同時進行もできて転職活動に無駄がないといった点でもおすすめです。

 

比較2:ベテランや他社に負ける!?転職エージェント利用の落とし穴

自分のサイトを利用して応募者が採用されると、転職エージェントにとってもそれが大きな利益に繋がります。

 

そのため、転職エージェントがプッシュするのはその業界や職種で経験豊富なベテランで、同じ転職エージェント内で未経験とベテランが同時に応募してきたら、当然社内選考で落とされてしまうのは未経験の応募者です。

 

転職エージェントは転職サイトと比較すると少人数の中から比較してもらえてアドバイスまでもらえるので有利な印象がありますが、実はそんなに有利ではないのはこのためです。

 

そして、やっと社内選考に通ったら今度は同時に選考を受けていた他社の転職エージェントの応募者に負けてしまうこともあり、社内選考に通った=内定がもらえるとは限らないのが難しいところです。

 

更に、転職エージェントによっては良い求人をあまり持っていない可能性もあります。これは、大手などの良い企業のほとんどは転職エージェントを利用するとしても、大手の転職エージェントを利用しているからです。

 

このような転職エージェントでは担当者に希望を伝えても「あなたの職歴では無理ですね」と言われて希望とは違う誰も応募しないような明らかなブラック企業や、正社員を希望しているのに派遣やパートを紹介されてしまうので要注意です。

 

どんなに転職活動が上手くいかなくても、このような転職エージェントの落とし穴にはまらないように気を付けてください。

 

転職サイトと転職エージェントの比較まとめ

転職活動をする時にどっちを利用した方が有利に転職できるかで迷う転職サイトや転職エージェント。転職サイトを使った方が有利に転職できるというのは本当です。

 

転職エージェントでは担当者によっては逆に不利な状況に追い込まれてしまう可能性ということを頭に入れておきましょう。

 

合わないな…と感じた時には他の転職エージェントに変えたり、担当者を変えてもらうなど少しでも有利な転職活動ができるような工夫をしてみてくださいね。

 

倍率が高くても、自分の努力次第で良い企業に転職できる転職サイトに重点を置いて転職活動をすることが、転職活動を有利にして早く内定をもらうためのコツです。

 

おすすめ転職サイト・転職エージェントの比較