転職活動を進めるにあたり、自分で求人情報を検索して応募する転職サイトだけではなく、登録することにより非公開求人などをアドバイザーより紹介してもらえる転職エージェントを利用する人もたくさんいますね。

それでも、登録やアドバイザーとのやり取りが面倒で転職エージェントを利用したくない場合もあるでしょう。そんな時に転職エージェントを利用せずに転職サイトのみで転職活動をする際のポイントについてご紹介していきましょう。

おすすめ1:スカウト機能をうまく使う

転職サイトには自分の登録条件を見て興味を持った企業から直接オファーが届くスカウト機能があるサイトもあります。これは企業側からのオファーが来るということで 基本的な経歴等は企業が望む条件を満たしているということになります。

 

自分から応募する場合と比べて、書類選考の通過率も高く、 面接してもらえる可能性が高くなります。サイトによっては面接を確定したオファーが来ることもあり、やみくもに自分で多くの会社に応募するよりも効率的な転職活動ができます。

 

また、オファーが来る会社の業種や職種などを見て 自分の経歴が意外なところから必要とされていることに気づく場合もあります。転職エージェントだけではなく、転職サイトのスカウト機能でも十分に自分の新たな可能性を広げることができます。

 

仕事が忙しくてなかなか転職活動に時間を割けないという人も、このスカウト機能を利用することで自分に合った会社を探す際の時間短縮にもなります。転職エージェントの登録が煩わしいと感じる人は転職サイトのスカウト機能を利用してみましょう。

 

おすすめ2:検索上手になる

転職エージェントのメリットは自分の経歴に合った求人をアドバイザーが厳選し、紹介してくれるところにあります。これは転職サイトで求人検索を自分で上手に行うことでも代用できるのではないでしょうか。

 

転職サイトによって業種や職種だけではなく、年収や休日、または「残業なし」「ママさん歓迎」「マネジメント経験を活かせる」など特定の項目で検索できることがあります。自分の譲れない条件を事前に明確にしておけば、自分でも上手に必要な求人情報を検索することができます。

 

特に資格を利用して転職したい人などは自分で自由にキーワードを入力して検索をする キーワード検索を利用すると良いでしょう。キーワードに資格を入力するとその資格を必要としている求人情報が検索されます。ここでもこの資格がこんな職場で必要とされているという意外な発見があるかもしれません。

 

おすすめ3:非公開求人だけが優良案件ではないことを知る

転職エージェントによってはその求人情報のほとんどが非公開であったり、非公開求人に優良案件が多数あることをアピールしていたりする場合があります。転職エージェントから紹介を受けた求人案件にしか優良案件はないのでしょうか?

 

企業側の事情を言うと転職エージェントは成功報酬型であることが多く、その場合には人材の採用が決まった場合のみに費用がかかります。求人の紹介のみでは無料の場合も多い分、 採用が決まった場合には報酬として採用者の年収の3分の1程度の費用を転職エージェントに支払うことになります。

 

一人採用するだけでも相当な費用が掛かりますね。それだけに転職エージェントを利用する企業は資金力がある大手企業や優良企業の求人案件が多いのです。しかし、転職エージェントに求人紹介を依頼しているだけでは必要な人材が採り切れない場合、まだ費用が発生していないので転職エージェントの紹介を辞めてしまうこともあるでしょう。その後、他の転職サイトなどに求人情報を公開する場合も当然出てきます。

 

最近では中途採用でも売り手市場と呼ばれる業界もあり、 中途採用でも人材の確保に苦戦している会社はたくさんあるのです。また、初めから転職エージェントを使わない優良企業も多数あります。

 

複数の転職サイトに求人を載せた方が数多くの人からの応募があって、費用対効果が見られるという考え方もできるからです。そのような会社は転職エージェントの非公開求人ではなく、掲載料の安い複数の転職サイトに求人情報を載せる方法を選ぶケースが多いです。

 

つまり、 転職エージェントを利用しなくとも普通の転職サイトにも優良案件があるということになります。転職エージェントに優良案件が多いことは事実ですが、転職サイトの中にも優良案件があることを信じて、いろいろな求人案件に目を通してみて下さい。

 

転職エージェントの非公開求人のみに優良な求人案件があるのではなく、転職サイトにも同様に優良案件は多数あります。転職サイト中心の転職活動でも安心して活動を進めて行ってください。

 

おすすめ4:どの方法を取ろうと結局は自分次第

転職サイトのみで転職活動を行うのか、転職エージェントも利用するのか、メリットはそれぞれあります。しかし、 一番よくないのは情報に惑わされて中身のない転職活動をしてしまうことです。

 

一番大切なのは自分が納得して働ける条件を自分の中で確実にし、良い求人案件を見極められることです。転職するのは自分自身なのですから、最終目標は自分に合った転職方法、自分に合った会社を見つけるということなのです。転職活動の方法は人の数だけあると思った方が良いでしょう。

 

転職サイト・転職エージェントの評判を比較!おすすめは?