働きながら転職活動をしたくてもそんなに頻繁に有給が取れないから動きにくい…という悩みを持つ方も多いのでは!? そんな方におすすめなのが、空いた時間に気になった求人をチェックできて応募までできちゃう転職サイト。

 

実際に面接を受けるのは平日の日中であることも多いですが、忙しくて休めない方が今の仕事に支障なく転職活動を成功させるための転職サイト活用法をご紹介します。

 

おすすめ活用法1:空いた時間で転職活動できる!

転職サイトの大きなメリットは、空いた時間を使って就活することができる点です。転職サイトは24時間求人を検索・Web応募をすることが可能なので、確実に時間が空かなくても通勤途中にスマホを使って電車でサクッと応募を完了させることもできて楽ですよね。

 

面接に進める場合はメールでなく電話で連絡が来ることもありますが、そんな時に出れなくても企業の営業時間内に折り返せばOKです。どこの会社から電話がかかってきたかわかるように絶対に留守電は設定しておいて、昼休みなどの空いた時間に折り返すようにしましょう。

 

ハローワークなどはそもそも利用できるのが平日の17時くらいまでなので在職中で土日休みの人が転職活動をするのには向いていないのですが、転職サイトは時間を気にしなくて良いところが魅力。しかも、応募者側は無料で利用することができるんです!

 

おすすめ活用法2:夜間面接OKや急募でない会社に応募するのがコツ

忙しい人が転職サイトを利用して転職活動をした時の失敗としてよくあるのが、応募をして書類選考に通って面接に進めることになったけれど、面接の時間帯に動けなくて結局辞退するしかないということ。

 

せっかく選んでもらえてまだまだチャンスは残っているのに、辞退しなければいけないのは悔しいですよね。転職サイトは求人を見ていくと、下の方に夜間面接ありと書いてある企業もあります。

 

このような企業は定時の中の時間帯だけが面接できる時間だという訳ではなく、その会社の定時は過ぎている夜間の面接でも対応してくれます。夜間面接をしてくれるとは言っても、注意したいのは対応してくれる時間にも限度があるということ。

 

希望の時間は遅くても18時~20時くらいまでにして、それ以降の極端に遅い時間は企業の迷惑になるので避けた方が無難です。残業があるからと言って、22時に面接してください!など無理を言うと面接担当者の負担にもなりますし、非常識だと思われてしまうかもしれませんよ。

 

定時までは面接に行けないのも仕方がないことですが、特に忙しい時期でないなら面接の日は今働いている会社の上司や先輩に今日はどうしても定時で帰らなければいけないということを伝え、仕事を定時までに切り上げて面接に行けるように調整してください。また、夜間面接に対応してくれても急募の会社ではすぐに入社して欲しいと無理を言われてしまう可能性も…。

 

今在職中なら急募のマークがついた企業への応募は避け、入社日相談OKや在職中の方もご相談くださいと書かれた企業への応募をおすすめします。在職中で夜間面接を受けたい場合はWeb応募をする時に備考を入力できる欄があるので、そこに書いておくと応募した会社にもそのことを把握してもらえるので便利ですよ。

 

おすすめ活用法3:休日出勤や残業が多くないかを確認しよう

夜間面接や休日の面接にも対応してもらえるということは、それだけ休日出勤や残業が多い会社である可能性もあります。だからと言って日常的に絶対に残業が発生するとも言い切れないので、面接で直接面接担当者に確認したりその会社の評判を見ることで、実際はどうなのかが見えてきたりもします。

 

面接官が残業が多くても自分のポジションはほぼ定時に帰れるという可能性もあるので、時間外でも対応してもらえる=ブラック企業だと決めつけるのはNGです。具体的に年間休日や月間の残業時間を質問すると、普段から残業が多い会社なのかがわかりますよ。

 

転職サイトに載っている情報だけではわからないことが多いので、比較して条件が合う会社を選びながら、できるだけ多くの会社にWeb応募して内定をもらうために応募数の分母を増やしていきましょう。

 

忙しい人の転職サイト活用法まとめ

在職中に転職活動をするのは意外と大変なことですが、一番大事なのは夜間面接ができたり入社時期を待ってもらえるかではなく、自分がその会社で働きたいかということ。

 

夜間面接OKや在職中でも応募OKという会社は応募を確実に受け付けてくれますが、それ以外の会社でも急募でどうしても早く人が欲しいという会社以外は、良い人材であればちょっとくらい入社時期が遅くなっても欲しいと思っています。

 

在職中であっても企業が会いたいと思ってくれた場合はスケジュールを調整してもらえる可能性もあるので、転職サイトに在職中でも応募OKの記載があるなし関わらずに備考欄にそのことをしっかり書いて応募してみてくださいね。

 

在職中に内定が欲しい方は、希望を優先しながら自分の都合に合わせて対応してくれる企業を狙うことで、今の会社を辞める前に転職活動を終わらせて次の会社の内定を勝ち取るチャンスがグッとアップしますよ。

 

転職サイト・転職エージェントの評判を比較!おすすめは?