転職サイトで気になる求人広告を発見!でもこれってどういう意味?応募前にちょっと聞いてみたい…。そんな経験はありませんか?ちょっとした疑問から、場合によっては、かなり重要な内容まで、人それぞれ、質問したいことがあっても不思議ではありません。

 

勇気を出して質問しようとしたら、「問い合せボタン」が見当たらない時、どうするのがよいのか?その際の注意点は?今回は、元転職サイト経験者が、転職サイトの仕組みを交えて解説していきます!

 

転職サイトの問い合わせボタンとは?

転職サイトの問い合せボタンを利用したことはありますか?

 

大抵、 応募欄あたりに設置してあり、その名の通り応募前の各種問合せや質問対応に使います。

 

しかしながら、設置してない企業も多いのが実情。求人広告を出す企業にとって、問い合わせボタンは、チェックを入れるだけで、簡単に取り外し出来てしまう一つのオプションなのです。正直、このボタンの存在を知らない人事担当者もいると思います。

 

問い合わせボタンがないからと言って、応募前の質問がNGなわけではありません。ボタンを設置してない場合、代わりのメールアドレスや電話番号が記載されていることが多いので、そちらから質問や問い合わせをすることも可能です。ちなみに、問い合わせボタンを使って企業にメッセージを送った場合、応募メッセージなどと同様に、その履歴が残ることになります。

 

応募前に問い合わせってOKなの?

前章でもお話した通り、 応募前の問い合わせや質問はもちろんOKです。迷って応募しないより、問い合わせて納得した上で、応募した方がよいに決まっています。

 

気になる点はあるけど、とりあえず応募して面接で聞く、というのも一つの手かもしれませんが、応募するためには書類を揃えたり、スケジュールを調整したり、面接のために外出したりと、意外とパワーがかかりますよね。面接まで来て「やっぱり違った」は、出来れば避けたいですし、仮に内定が出たとしたら、辞退するのも、またパワーがかかります。

 

というわけで、やはり、 モヤモヤすることは事前に解消しておくことをおすすめします。また、問い合わせに対し、どんな対応をしてくれるか?スピード感は?といったことも、応募するかどうかで迷う時、一つの判断材料になるでしょう。転職者と企業は「対等」なのが基本。臆せず、質問してみましょう。

 

ちなみに、問い合わせの内容については、 必要とするスキル・資格について、将来的なキャリアアップについて、勤務地・転勤について、残業の有無や育児支援制度について、といった内容が多いようです。

 

問い合わせする際の注意点は?実際に問い合わせをする際に、どんなことに注意したらよいのか?

とにもかくにも「丁寧に」という一言に尽きます。問い合わせは、人事担当者の印象に残りやすい傾向にあります。「細かいタイプなのかも?」と思われてしまう可能性もあるので、慎重に言葉を選びましょう。細かいタイプを嫌う人事担当者は多いので、場合によっては、採用の合否に影響する可能性もあります。 丁寧すぎるくらいで丁度いいのです。

 

問い合わせボタンやメールでメッセージを送る際は、履歴も残りますので、特に注意が必要です。ぶっきらぼうな言い方にならないよう、細心の注意を払いましょう。企業から返答が来たら、そのままにせず、お礼のメッセージを送るようにしましょう。メッセージは、いずれも長文にならないよう、丁寧かつ端的に、明るいトーンを心がけます。

 

電話での問い合わせの際は、かける時間に配慮しましょう。お昼休みや定時前などの時間は避け、午前中や午後早めの時間帯を選ぶとベターです。声のトーンやボリュームも、気を配りたいところです。

 

どの問い合わせ方法を選ぶにしても、問い合わせる際には「応募の意思がある」ということを、明確に伝えてから質問する方がよいでしょう。メールや問い合わせボタン経由であれば、「応募を検討しており…」といった文言をあいさつ部分に加え、電話であれば「応募を考えているのですが」と冒頭に伝えると、印象もよくなります。

 

当たり前のことですが、求人広告内に書いてあることを質問するのはNG!問い合わせ前に、もう一度求人広告を確認することをおすすめします。

 

問い合わせボタンがなくても質問OK!

前述の通り、転職者と企業は対等であるのが基本。これから長いつきあいになるかもしれない企業です。モヤモヤは解決しておくのがベスト。転職サイトに問い合わせボタンがなくても、最低限のマナーを守れば、失礼なことはありませんし、それだけで不採用になったりはしません。

 

逆に、問い合わせに応じない、質問を一切受け付けない企業は、入社後も心配が残ります。問い合わせしても、返答がないケースも同様です。もし今後、問い合わせするかどうかで迷った時には、ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

転職サイトの評判を比較!