「人事の仕事に挑戦したい」「未経験だけど人事職に転職したい」という方は多いのではないでしょうか。人事職は他の職種に比べて、専門知識を深く求められません。そのため、比較的未経験でもポテンシャルを見て採用するケースがあります。今回は、人事職にはどんな人が向いているかを説明しながら、選考のポイントもお伝えできればと思っています。

 

人事の仕事とは

そもそも、人事の仕事にはどんなものがあるのでしょうか。具体的に説明します。

 

採用業務

一番イメージしやすいのが採用業務です。採用業務と一口に言っても、新卒採用や中途採用、アルバイト採用や障害者採用など様々な種類があります。採用業務とは説明会、面接だけではありません。どのように母集団を形成するか、優秀な人材を採用するにはどうしたら良いかなど、採用の企画を立てるのも重要な仕事です。中途採用であれば各部門と連携しながら採用ターゲットを定義していきます。限られた予算の中で高いパフォーマンスを発揮することも求められます。採用業務は企画力が必要になりますし、ディレクションスキルも必要になる仕事です。

 

労務関係

社員の給与計算や保険手続きの業務です。ミスの出来ない仕事ですので、何度もチェック業務を行い、様々なリスクを想定しながら業務を進めなくてはいけない分野です。この分野は、専門的知識も必要となります。業務に携わると、保険についての知識が身についていきますので、会社だけでなく自分の生活にも役立つでしょう。労務関係は社員を雇用している会社であれば必ず発生します。そのため、どの会社でも必要な知識ですので、転職をする際には、非常に役立つ知識とも言えるでしょう。

 

その他(教育・福利厚生・人事評価・人事異動など)

その他にも業務は多岐に渡っています。教育は研修を企画し、スキルが定着するための仕組みまでを考える仕事です。人事評価に関しては、評価システムの検討から評価体系の検討、評価制度の社員への説明などを行います。同業他社や他業界など幅広い人脈を利用し、他社の評価制度も参考にしながらシステム構築をしていきます。

 

人事におすすめの人材とは?

では、人事に向いている人というのはどんな人なのでしょうか。今回は5つ説明します。

 

(1)敵を作らない人

人事の絶対条件として「中立的であること」というのが求められます。会社では部署ごとに対立しているケースも多いですが、どちらかに肩入れせずに、敵を作らない立ち回りをすることが必要です。誰とも上手く付き合える人は、そういった意味では非常に人事に向いていると言えます。

 

(2)妥協点を見つけるスキル

人事の仕事は、制約が多い仕事であると言えます。数字を生み出す部署ではないので、当然使える予算も限られていますし、制度を変更したいと思っても、会社の制度を変えることに尻込みをする役員は非常に多いのです。そういった環境の中で、常にやりたいことを100%出来る訳ではありません。いかに「100%を60%に妥協できるか」を見つける必要があります。状況や人物に合わせて主張を上手く変えていける、そんなスキルが求められる仕事です。

 

(3)正義感の強い人

やはり「会社をもっと良くしていきたい」という想いがある人が向いています。人事の仕事というのは、「現状のままでも問題ない」というのがほとんどです。そこに疑問を持てるかどうかは「どうしたらもっと会社が良くなるか」を考えられるかどうかだと思います。優秀な人事ほど、この想いは強いです。

 

(4)承認欲求の低い人

人事の仕事は「評価されない仕事」です。給与計算を考えてみても「正しく支給されて当然」ですし、採用に関しても成功したかどうかは何年も先になってみないと分からないのです。自分がどんなに頑張っても周りとの評価に差がつかないので、競争心が強い人や「認められたい」という人には絶対向きません。ですから転職の際は「人と競争していくのが好き」「評価されたい」などは言わない方が良いでしょう。「協調性」をアピールすることをおすすめします。

 

(5)嫌われる勇気を持てる人

制度変更をする場合、社員には歓迎する人がいれば必ず反対する人がいます。つまり、何をやっても感謝されない一面があるというのが、人事の仕事の辛い所でもあります。全員から好かれたいと考えていると苦しくなってしまいます。反対意見が出ても会社にとってメリットがあるから制度変更するという意志を明確に持てる人が人事には向いています。

 

こんな経験をしていると有利かも!?

人事になるには、こんな経験をしていると有利になるかもしれません。

 

(1)色んな人と関わりながら仕事を進めてきた経験

人事は自己完結する仕事が少ないです。他部署と連携をして進めていく仕事が大半になります。過去の経験で色んな人と関わりながら仕事を進めて経験や、ディレクションしてきた経験は非常に有利になる可能性があります。

 

(2)業務効率化に貢献した経験

この経験も非常に評価されます。人事はいかにコストを減らしていくかを常に考える部署です。コストカットの上手い人事は、部署内でも評価されます。自分の仕事の中で無駄を省くためにしたことがあればそれをアピールしましょう。さらに自分の業務効率化の案を部門に水平展開したという経験がある方はそれもアピールすることをおすすめします。

 

(3)事前にリスクを回避した経験

給与計算業務では特に、リスクを事前に回避するスキルは重要です。リスクを事前に回避して事なきを得た経験や、疑問に気づき改善を行ったという経験があれば、アピールしましょう。

 

人事職の選考ポイント・注意事項

人事職の採用面接では、どんなことに気を付ければよいでしょうか。

 

(1)売上以外で自分をアピールする

人事は「数字」を持たない部署です。営業などの「数字」を持つ部門からの転職の場合、数字をアピールしてしまいがちですが、数字以外で貢献出来る部分をアピールしなくてはいけません。自分の経験がどう人事で活かせるかをしっかりと考えてみてください。

 

(2)限られた予算の中でやりくりできることをアピールする

実際に人事採用を行う担当の方に良く聞くのが「未経験の方は予算が少ないことを理解せずに夢ばかり語る」という声です。新卒採用の担当者の募集の場合、面接官が聞くのは「ウチに入ったらどんな企画をしたい」という質問です。これに対し「AもBもCも」という「やりたいことの羅列」ではなく「まず予算●●だと仮定し、AとBなら費用対効果が高いと考えます」といった回答がおすすめです。当然、正確な予算などは入社しないと分かりませんから、正解を出す必要はありません。「予算ありきで企画を考えられる」ということをアピールすることが重要なのです。

 

未経験でも「向いている人」であれば採用されるのが人事職

人事は未経験でも飛び込みやすい職種です。しっかりと人事という仕事内容や求められるスキルを把握し、自分がそれに適しているとアピールすれば、可能性は高まっていくでしょう。人事職にご興味のある方のお役に少しでも立てたなら嬉しいです。

関連キーワード