営業職というとどういったイメージがあるでしょうか?そもそも営業職とは、顧客に対してモノ・サービスの販促・販売・販売後のアフターフォローなどの仕事を主としています。

全体的にみても、専門職などのように仕事に就くにあたって必ず必要な資格があるわけではなく、営業職に就くための間口は広いといえるでしょう。ただし、性格や特質によって向き不向きがある職種だといえます。営業職に向いている人とはどういった人なのかを紹介していきます。

 

営業職といっても種類は豊富!

一口に営業職といっても、実は営業をする相手が異なったり、営業スタイルが異なったり種類は豊富なのです。例えば、法人向け営業と個人向け営業。法人向けだと基本的に相手先企業へ出向き、相手のニーズや要望・売りたい商品の販促などを行います。

 

基本的に営業職の中の8割以上は法人向けである場合が多いでしょう。個人向け営業だと、個人のお宅に訪問して商品の販促をして販売へとつなげます。この場合は知らない相手のお宅に行って自分が販売したいモノについて紹介する形が多いといえます。

 

また、営業スタイルでいうと既存の相手先に対するルート営業と、いわゆる「飛び込み」で出向く新規開拓営業があります。既存の相手先であると、直接顔を合わせる回数を重ねていくことで信頼関係や絆が生まれることも多く、人とのつながりやコミュニケーションを高めて販売拡大につなげていくことも可能です。

 

新規開拓営業だといきなり初対面での接客になるためになかなか難しい場合があるものの、売りたいモノを求めている商圏をしっかりリサーチしながら戦略的に動く力が身につくともいえます。現在ではインターンネットなどの普及に伴い、新規開拓営業スタイルはかなり減少傾向にあります。

 

営業職に向いている人ってどんな人?

では、営業職に向いている人とはどんなタイプの人なのでしょうか?以下が主な例です。

 

人付き合い・人とコミュニケーションを取ることが億劫ではない

ビジネスの世界において総じて言えることは、人とのコミュニケーションが円滑に進むことが重要になってきます。現在ではインターネットが急速に普及しているものの、人とのつながりなくしては気持ちの良い仕事・より良い仕事の八手につながりません。

 

特に営業職において、人付き合いが根本的にうまくやっていける人・人付き合いに対して億劫でない人は相手の性格などを掴むのがうまく、仕事にうまくつなげていける可能性が高いでしょう。

 

逆にいつもクールでビジネスライクな付き合いしかできないと、相手の性格や特長を生かした戦略的な営業もできにくく、型にはまった営業スタイルになってしまうと仕事に発展性が生まれない恐れもあります。

 

場の空気を読める

人とのコミュニケーションにもつながることではりますが、TPOに応じたその場その場で空気を上手く読んで行動できることは、営業職に適性があるといえるでしょう。営業職の場合、多くの人と接することになり、またその相手は年齢もさまざまでタイプも異なります。

 

どんな相手にも好かれることは難しいですが、うまく柔軟に対応でき、相手に嫌な気持ちをさせない配慮をすることはできます。その場に応じた空気を乱さない行動をできることで、相手先企業にも安心感や信頼感を持って売り上げにも愛嬌することにつながるため、営業職に向いている性格のひとつだといえるでしょう。

 

発想がポジティブ(楽観的)

営業職というのは、相手先企業に対して新商品やこれまで売り上げのなかった商品に対しても売り込みをしていく必要があります。売上アップのためには必須の業務です。しかし、軽くあしらわれる場面も多いといえるでしょう。

 

そんな場合にいつも下を向いてネガティブになっていては仕事になりません。断られてもまた次回も忘れたように売り込むくらいのポジティブな思考を持っている人の方が営業職に向いているといえます。

 

相手先企業も、断るたびに落ち込まれては仕事もやりずらいでしょう。断られても明るくて発想が前向きなタイプだと断ってきた相手に対しても配慮があるといえます。OKしてもらえたらラッキーというくらいの前向きな姿勢が新たな売り上げを呼び込むきっかけになります。

 

フットワークが軽い

例えば担当先の企業がAの商品について気になっていると知ったら、フットワークが軽い人ならばすぐにAの商品をリサーチして即日・遅くとも翌日には相手先に出向いて戦略的に実売へ向けて動くでしょう。

 

しかしなかなか行動に移せない・または実際に行動するのが遅いタイプだと、他のライバル企業の営業に先を越されてしまう可能性が高いでしょう。必要な行動を瞬時にできるフットワークの軽さは、営業職にとって大きな強みとなります。

 

営業職は、資格では身につかないようなスキルを獲得できる!

営業職に就くためには、必須の資格がない場合も多いです。しかしながら、資格を得るために勉強した内容とは全く異なるスキルを獲得できる可能性が広がっています。また、ビジネスの世界で必要な基礎が詰まっているような仕事だともいえます。

 

企画やマーケティング・広報などといった人気の仕事というのは、基本的に企業内で取り扱っている商品詳細や販売先情報など会社のことをよく知っていないと仕事にならないといっても過言ではありません。その点、営業職というのは直接お客様と接して自社商品について説明や販促・販売します。会社を知るということでは最も多くの知識・スキルを学ぶことができる職種です。

 

まとめ

営業職はコミュニケーション能力や企画提案・交渉力も高める学びができるので、資格を持っていることでアピールできる能力とはまた異なります。資格とは異なる能力において、自分の付加価値を高めることにもなります。営業職に向いている性格だなと感じた人は、転職サイトや転職エージェントなどで他社の比較をしながらおすすめの企業をリサーチしてみるのもいいですね。

 

 

関連キーワード