まだまだ長いキャリアが残されている20代の方は、将来のキャリアについて悩む機会も多いかと思います。20代の方は今の会社でキャリアを積んでいくことを選ぶ方がいる一方、敢えて異なる業種に飛び込む決意をする方も最近では増えてきています。

 

今回は、「20代で異業種転職をすることのメリットとデメリット」をお話していきます。異業種転職を考えている方の参考になれば幸いです。

 

異業種転職はおすすめ?

異業種転職のメリット・デメリットの説明に入る前に、まずは「異業種転職」の定義をお話します。

 

時々勘違いする方がいらっしゃいますが、「異業種転職」と「異職種転職」は異なります。異業種転職は「業種を変える転職」、異職種転職は「職種を変える転職」です。

 

具体的にいうと、異業種転職とは、IT業種から製造業などの業種を変える転職のことを指します。一方の異職種転職は、営業職からエンジニアなどの職種自体を変える転職を指します。

 

転職難易度としては、一般的に「異業種転職の方がハードルが低く、異職種転職の方がハードルが高い」です。

 

なぜなら、異業種転職は今までのスキルを活かせる場合も多く、実際に企業の経営者からは「この業種の人がほしい」と異業種での経験をされている方を求められるケースもあります。

 

一方の異職種転職は全く異なる職種に就くことになるため、入社後の活躍イメージを企業側から言われるケースが一般的です。20代であればポテンシャル層として採用されるケースもありますが、一般的には異業種転職よりハードルが高いことを覚えておきましょう。

 

20代の異業種転職のメリット

それでは、まずは20代の異業種転職のメリットからお話していきます。

 

1. キャリアやスキルの幅が広がる

第一に、「キャリアやスキルの幅が広がること」がメリットです。最近では、テクノロジー化を急ピッチで進めている製造業がIT業種の人材を欲するなど、特定の業種での経験を求めている企業が増えてきています。

 

このような転職は、たとえ異業種転職であっても、あなたのキャリアを広げる転職となります。あなたの持っている業種知見を求めている企業を探すことで、たとえ異業種転職でもキャリアは広がっていきます。

 

また、最近は複数のスキルを持っている方が重宝される傾向も出てきています。IT業種の方であれば、例えば金融業種に転職することで、「IT x 金融」の知見ができます。このような組み合わせを異業種転職で生み出すことで、より一層スキルやキャリアの幅が広がるでしょう。

 

2. 希望を実現しやすい

次に、20代の異業種転職は新卒の就活と異なり、転職先で実現したい希望(仕事内容・配属など)を調整できることがメリットです。転職の求人は細かく仕事内容や配属先が指定されているケースが多く、自分がやりたいことを実現できる可能性が高いのです。

 

やりたい仕事や身につけたいスキルが明確なら、20代での異業種転職はおすすめです。20代はまだまだポテンシャル層として位置付けられているため、30代と比べても遥かに異業種転職がしやすいです。やりたいことが他業種に見つかったなら、転職がしやすい20代のうちにしておくと良いです。

 

20代の異業種転職のデメリット

次に、20代の異業種転職のデメリットをお伝えします。

 

1. キャリアがリセットされる可能性がある

もし転職先の業種で活かせるスキルや経験がない場合、異業種転職はあなたのキャリアをリセットします。実際に20代で異業種転職を果たす人の中には、それまでついていた役職がなくなり、給料が下がることも往々にしてあります。

 

もし転職先でキャリアを活かせず、それでもチャレンジをしたい場合、そこでやりたいことや実現したいことを、しっかりと整理した上で転職しましょう。そこで新しいスキルを身につけたいなどポジティブな理由をもった転職であれば、たとえキャリアがリセットされたとしても、20代のうちは挽回できます。

 

2.      転職先で活躍できる保証がない

異業種転職は、少なからずリスクがあります。そのリスクの一つに、転職先で活躍できる保証がないことがあります。異業種転職は、たとえ今までと同じ職種であっても、仕事の進め方や業種構造のなど、多くの違いがあります。

 

たとえ前職で圧倒的な成果を残していたとしても、転職をして結果が出せなかったという声はよく聞く話です。転職してすぐに結果が出ると思うのではなく、「今までとは全く違う世界に飛び込むから、たとえ最初は結果が出なくても初心を忘れず取り組み続ける」という気概を持つことが、20代の異業種転職では必要となりますので覚えておきましょう。

 

異業種転職のまとめ

今回は、20代の異業種転職のメリットとデメリットをお話しました。異業種転職成功の秘訣は、「自分自身が転職先で何を得たいか」と「転職先で本当にそれが得られるか」の2点が重要です。そのためには、自分自身のキャリアの整理や、企業・業種リサーチが必要となります。

 

自分のキャリアや企業・業種リサーチをするなら、転職エージェントを使うことをおすすめします。転職エージェントはキャリアのプロであり、日々多くの求職者と企業の生の声を聞いています。

 

あなたの希望が叶うキャリアの作り方や、それを実現する会社を紹介してくれるので、積極的に活用しましょう。転職エージェントには複数登録をし、比較しながら使いましょう。おすすめはリクルートエージェントです。

 

最後に、新卒段階での就活は、言ってみれば「本当の就活ではない」とも言えます。社会に一度も出たことがない人が、理想の仕事や会社などわかるはずもないのです。

 

一方、社会人経験を数年積んだ20代中盤頃になると、社会や会社の構造、仕事の実態などが見えてきて、自分の理想とする生き方、働き方も見えてきます。自分のキャリアに悩みを持っているなら、「本当の意味での就活」である転職を、これから始めてみませんか?