同じ会社で長く働く、仕事が安定しているということは、ビジネスパーソンとしては安心感がありますよね。しかし、大手企業も淘汰される変化の激しい時代、「安定」だけを求めることにはリスクも・・・。特に「同じ会社に長くいる」こと自体がリスクになる可能性もあります。

 

「同じ会社に長く勤める」ことの弊害とは何か

よく言われることですが、同じ会社に長くいることの一番の弊害は、「その会社に長く居続けることによって、キャリア・人生の選択肢をかえって狭めてしまうことです。」

 

同じ会社にいるということは、同じ価値観の中で、同じ仕事のやり方で、同じ人たちと、ずっと仕事を繰り返してきた、ということになります。

 

当然、社内のプロであり、会社を円滑に運営していくうえでは、なくてはならないスキルです。ただし、「その会社の中では」なのです。

 

そのスキルがどの会社でも通用する、というのならば話は別ですが、往々にしてそうしたスキルは、その会社オリジナルのものです。いったん会社が潰れてしまえば、役に立たないスキルになりかねないのです。

 

もちろん、誤解して欲しくないのですが、ハッピーなキャリアを築き、結果として同じ会社に長く居続けた、という方もいらっしゃるでしょう。この場合は、同じ会社に長く居続けることが、悪いわけではないのです。

 

しかし、会社独自のスキルのみを追求した結果、その後のキャリア展開の選択肢をかえって狭めてしまう方が、あまりにも多いのも事実です。また、同じ会社に長く勤めるということは、別の意味での「幻想」を生み出します。その会社にその分だけ長く「貢献」してきたという自負心です。

 

一面で間違っているわけではありませんが、一方で、その会社の「今までのやり方」に固まり、その会社が変化することを拒んできた「保守派」であったことにもなります。

 

変化に対応して成長するチャンスを逃す原因に、往々にして「古参の役員・ベテラン社員の抵抗」が、ビジネス記事で取り沙汰されますが、そうした一味に、あなた自身が加担していたかもしれません。

 

「同じ会社に長くいるからこそ、その分だけ貢献している」という考えは、必ずしも正しいとは言い切れないのです。

 

大事なのは「市場価値」と「キャリアの一貫性」

では、これからの変化の時代に対応したキャリアの考え方というのはどのようなものでしょうか。

 

これもよく言われることですが、日常の仕事に取り組んでいる時から、「自分のスキルに市場価値があるか」という点と、「今まで築いてきたキャリアに一貫性があるか」という点です。

 

キャリアの市場価値というのは、あなたの持っているスキルが普遍的で汎用性があり、他社でも通用する価値があるということです。

 

例えば、「その会社の社内の人脈」といえば、普遍的でも汎用性もありませんが、「異なる環境でも社内ネットワークを構築できる能力」と定義すれば、どの会社でも通用する普遍的で汎用性のあるスキル、ということです。こうした市場価値は、いざという転機が生じた時、あなたの選択肢を増やす助けとなるものです。

 

もう1つ、キャリアの一貫性とは、より詳しく言うと、自分で立てた、自律的なキャリアのゴールに向かって、一貫性のあるキャリアを築いてきたかどうかという点です。

 

その大事な要素は、「筋(ストーリー)」です。たとえ、会社という「ハコ」が変わっていたとしても、キャリアのゴールに向かう方向性がブレていなければ、あなたの持っているスキル(市場価値)に重みを与え、転職があってもネガティブではなく、プラスの要素として評価してもらえるでしょう。

 

言い換えれば、市場価値に「説得力」を与えるのが、キャリアの一貫性(ストーリー)というわけです。

 

まとめ
大事なことは、同じ会社に長く勤めるという価値観に「こだわらない」ことです。人は時によって、変わらずに続けてきたものに、愛着や重みを感じがちですが、かえって見えなくなってしまうものもあります。自分を客観視して、見えなくなっている、ということに気付く、ということが、これからのキャリア形成に必要な考え方なのです。