仕事の失敗は誰にでもあるもの・・・ですが、時には「辞めてやる!こんなことやっていられるか!」というところまで思い詰められることもあるでしょう。本来なら仕事で挽回したいところですが、それがかなわぬ場合、転職で「リベンジ」できるでしょうか?

 

みんな、何かしらイヤになって転職する

たぶん、海外と日本の「転職」の最大の違いの1つですが、日本人の転職は、「現職の挫折」がバネになっていることが圧倒的に多いです。「イヤなら今の仕事を辞めないでしょ」という発想が前提にあるのです。

 

これに対し、海外では、より高いポジションに自分を売り込むことが日常なので、良いポジションがあればどんどん転職していく、というのが一般的です。

 

イヤ、という言葉はときに、挫折という言葉に置き換えられることもできるでしょう。転職活動は、成功してキャリアアップした方もたくさんいます。

 

早々と結論めいたことをいえば、「挫折した後に、転職して成功することも可能」ということになりますが、もちろん、失敗するリスクもあるのです。その点を踏まえて、もう少し深く考察してみましょう。

 

まずは、今の仕事で挽回を図ることを考えるべき

現職でどうにかできないか、粘ってみるべきです。当然、粘った方もいらっしゃるでしょうが、転職を決断する前に、もう一度、粘れるか考えても遅くはありません。なぜなら、転職には大きく2つのリスクがあるからです。

 

1点目は「転職に失敗するリスク」

 

2点目は「内定後の転職先で失敗するリスク」です。

 

転職に失敗するリスク

1点目は、転職活動の結果、現職よりも良い条件で転職先の内定を得られるとは必ずしも限らないことです。転職は相手(求人企業)あっての話、競争相手(他の転職者)あっての話なので、自分の出した条件が競争相手との比較で合わなければ、あなたに内定は出ません。

 

意外に多いケースが、現職で失敗したとはいっても、なお業界の標準からみたら恵まれているといえる転職者です。隣の芝生は青いということわざがありますが、自宅の芝生も十分青かった・・・という方も決して少なくないのです。

 

内定後の転職先で失敗するリスク

2点目は、転職は多くの場合、これまで(前職まで)の人間関係や、仕事で築き上げてきた信用など、自分のキャリアの財産を一変させてしまいます。前職から持ち込めるものといえば、職務経験、スキル、資格といった程度でしかありません。

 

職場環境が変われば仕事の進め方も、人間関係の機微も変わります。もちろん、一変させた方が得策だ、という事情の転職者もいらっしゃいますが、多くのケースでは、これらの変化は一長一短といったところです。

 

平たくいえば、要は、職場を変えても、良い事も悪い事もあるのは同じ、ということです。その点を踏まえて、大人の判断が出来る方は転職に向いているといえますが、転職に「理想」を抱きすぎるのは危険という事です。

 

深みにはまると転職を繰り返すきっかけになってしまいます。海外ほどまだ転職が一般的ではない日本においては、これは将来、「どこも雇ってくれなくなる」というリスクを高める危険な行為です。

 

挫折した方のおすすめ転職法

リスクはあるのはどんな転職も一緒。挫折した方のおすすめは次の通り。

 

1.転職に成功するための戦略

転職エージェントとしっかり相談して、求人企業のサーチ、応募書類の作成・添削、面接対策などを実施する必要があります。

 

2.転職先で成功するための戦略

仕事上のスキル面だけではなく、人間関係の構築法といった生々しい部分もしっかり考えておく必要があります。こちらは、転職が決まってからじっくり考えていただいてもOKです。

 

もう1つ、成功を考えるうえで最大のポイントがあります。それは、「長期的な視点で“成功”を考える」ことです。たとえ、現状よりダウンする条件であっても、将来性があり、あなたが「成功できる」と考えられる転職ならば、それはリベンジに成功した転職といえます。

 

転職の失敗が挽回しにくい日本において、転職は短期的な成果だけを考えるわけにはいきません。長期的な成功を目指して、転職の「成功」の基準を考えるべきでしょう。

 

まとめ

仕事上のキャリア形成で成功するのに一番大事なものは、「粘り強さ」と「見極め」ではないでしょうか。

成功するには、困難を乗り越える粘り強さが必要なことは、誰しもが頭で分かっていることですが、どこまで粘るかの判断はなかなか難しいものがあります。

自分でも解決できていない問題でもありますので、自分のキャリアにとってそれが大事かどうかをよく考えて行動するようにしましょう。