日本でも、大手企業でも大幅なリストラが発表されるなど、終身雇用という慣行が完全に過去のものとなりましたね。本来ならキャリアは自発的に形成することが理想ですが、会社にどっぷり浸かっていた人には「何をやっていいかわからない」という人も・・・。「やりたいことが分からない人」のおすすめ転職法を紹介します。

 

やりたいことがない人は、やりたいことを見つけることから

「これから何をやれば良いか分からない」という方。大手企業のジョブローテーションのままに職務が変遷し、これといった強みのポイントも作れていない、というタイプの方です。また、年収が高い。

 

キャリアに売りとなる「強み」がないと、年収をアップ、あるいは維持する転職というのは、どの年代でも難しいものです。リストラされてやりたいことがない、強みがないケースでは数多くの場合、会社のグレードダウンと年収ダウンはセットになります。

 

また、こうした深刻な例ではなくても、若手の転職者の中には、社会経験の乏しさから、他にやりたいことの「イメージがわかない」という方もいらっしゃいます。

 

こういった方は・・・

 

やりたいことを徐々に見つけていけば良いのではないでしょうか?

 

そんなに急いでも急に見付かりませんからね。

 

「やりたいことがない」というのは悪いことではないのです。やりたいことがない、というのは裏を返せば、「やりたくない仕事もない」ということ。

 

気持ちをオープンにして、まずはいろいろな業界や会社を、新卒の就職活動の業界研究のように回ってみる、というのも1つの方法だと思います。

 

ゆえに、「やりたい仕事が分からない」という方には、業界も職種もバラバラの求人票を見ながら、興味があるか?ないか?から始めてみれば良いと思います。

 

やりたいことは「模索」の中から生まれる

色んな求人を見てもピンと来ない方、そういった方はとりあえずどこか1社受けてみましょう。それか、転職フェアでもブラブラしてみましょう。

 

そんなに行きたくない企業でも、会社説明会に行ってみたり、転職フェアのブースを訪問したりすれば、何かしらの「感想」を持つものです。

 

その動き自体が即、応募する企業に結びつかなかったとしても、実際に動いているうちに、自分の頭の中が回転して、自分に有益な情報をキャッチしようというアンテナが伸びてくるのです。

 

不思議なもので、アンテナが伸びてくると、今まで何も浮かんでこなかったのに、「自分のやりたいこと」が、自分の中から浮かび上がってくるようになります。

 

メーカーを回っているうちに、食品に興味を持ち、食品ならば食品メーカーだけではなく、外食産業も視野に入れてみようか、外食産業みたいなサービス業が面白がれるなら、他の業界も・・・というように、「自分なりの連想」が働いてくるようになるのです。

 

そうすれば、転職エージェントなりに希望の条件を伝えつつ、方向性を定めて行けば良いでしょう。面談する事によって、頭も整理され、一層明確になってくるはずです。

 

好きなことは、無理やり探さなくて良い

ここで注意したいことを1つ挙げます。こうした「やりたいことがない」人に対して、転職活動のハウツー本などでは、「自分の過去を振り返る」「自分の興味・関心を図や表にしてみる」などといった方法、いわば「自分探し」的な手法でやりたいことを見つけることをお勧めするものがあります。あれって意味あるのかなあ?あんまりおすすめできません。

 

おすすめしない理由1

1点目は、このような方法で「自分のやりたいこと」を見つけ出したとして、転職市場(求人企業)のニーズと一致するとは限らないこと。しかも、大手企業を出て再就職・・・といった場合に、年収や仕事のやり甲斐が釣り合うとは必ずしも限りません。転職に失敗した場合に、袋小路に陥るリスクすらあります。

 

おすすめしない理由2

2点目は、せっかく、「やりたいことがない」=「特にやりたくない仕事もない」というオープンな状態で転職先を考えられるのに、反対に狭めてしまうことになりかねません。それは、これからのキャリアを考えるともったいないことだと言えます。

 

転職とは、今、企業が求める仕事のニーズ(求人)があることが大前提で、そこにマッチングしなければ成功はしません。キャリア形成とは違い、自分中心だけでは成り立たないことを頭に入れる必要があります。

 

だから、実際の求人を見ながら興味があるか?ないか?を考えた方が良いと思います。

 

まとめ
やりたいことがない、という思いはポジティブに変換させることが出来れば、キャリアチェンジの大きなチャンスになります。オープンに選択肢を持つことができれば、思いもしなかった変化が、あなたにとってハッピーなキャリアを築く変化をもたらすこともありえます。ただし、そこには「行動と模索」が大切です。そこをお忘れなく!