面接ではありのままの自分を見せても良いものか?を解説します。

 

「ありのまま」という言葉は一人歩きする

臆することなく、平常心で面接に臨むことができ、一通りのビジネスマナーが備わっている人には、文字通り「ありのまま」で臨んでもらった方が良い結果が期待できるでしょう。

 

しかし、面接で緊張しやすい方や、面接に気後れしなくても、キャラクター的にそのまま面接に臨むことがかえって誤解を招きやすい方(ビジネスマナーに不安がある、態度がフランクすぎるなど)には、「ありのまま」で面接に臨むと逆効果になってしまいます。

 

新卒の学生ならば、社会人でないことを割り引いて見てくれる面接官もいらっしゃるでしょうが、社会人の転職活動では、「ありのまま」という言葉は一人歩きしてしまい、「社会性がない人」という烙印を押されかねないのです。

 

結論をいうと、面接に緊張しないタイプで、社会人としてのビジネスマナーにも自信がある人だけが、「ありのまま」で面接に臨むべきだと思うのです。

 

とはいえ、「ありのまま」に面接に臨むべきでない人にとっても、できるだけ緊張しないで、本来の実力を発揮できた方が望ましいですよね?

 

そのため、「ありのまま」ではなく、ちょっと違った「心がまえ」を紹介していきます。

 

タイプ別おすすめの「心がまえ」

面接で緊張しやすい方におすすめ

このタイプの方の場合は、面接で緊張しても、最低限のことができるように、練習してもらうのが一番良いです。

 

場数を踏むのが一番良いのですが、場数を踏んでも緊張が解消しない方、または場数を踏むほど応募数がない方には、面接で守るべきビジネスマナー(決め事)を作って、それを守るようにしましょう。

 

ただ、たくさんのルール(決め事)を作っても、本番では頭が真っ白になる、ということも考えられますので、最低限覚えられそうなマナーを3つ~5つ。忠実に実行しましょう。

 

面接の受け答えも予め想定問答集を作り、本番で一字一句間違えずに喋ることを目標にするのではなく、自己分析に関する質問が来たら答えるポイントを3つ、職務経験に関する質問が来たら答えるポイント2つ、といったように、箇条書き形式で覚えるようにすると良いでしょう。

 

面接で緊張しない方へのおすすめ

面接で緊張しない方は、「ありのまま」に近い状態に臨めばいいでしょう。ただし、最低限のビジネスマナーは必要です。自分では何いけないのかは分からないと思いますので、転職エージェントを有効利用しましょう。

 

転職エージェントでは模擬面接を行ってもらえます。あらかじめビジネスマナーについて指摘して欲しい事を伝えておき、それを確認しておくのが好ましいでしょう。

 

指摘してもらったポイントについて、自分が意識しているより少々オーバー気味に、品の良いビジネスマナーを備えている自分をイメージしましょう。それを本番の面接で演じることで面接は上手くいくはずです。

 

結局「ありのままの自分」じゃダメなんだよね?

って事になりますよね。そもそも、1時間程度の面接で、面接官は応募者の全てを理解する事なんて出来ません。人事部は採用のプロだから見破れる!という意見もありますが、経験則に過ぎません。

 

結局は騙し合いです。企業だって応募者に全てを伝えているわけではないはずです。そんなバカ正直にしていたら人生損するはずです

 

ただし、演技し過ぎて入社してしまうと、それはミスマッチです。すぐに転職したくなります。それでは意味がありません。あくまでも、「ありのまま」で構わないが、社会人としての自分を装いましょう!って事です。

 

 

企業の視点から言えば、業務中もそれを装ってくれればそれで十分なので、どうやって装っているかの判定が面接と言ってもいいかもしれませんね。

 

ミスマッチにならない程度の「ありのまま」を心がけましょう。