最近、ニュースでも話題になるブラック企業。ひどい労働条件で、サービス残業や過労死が問題になっていますよね。元転職エージェント社員が、ブラック企業に引っかからない、賢い転職エージェントの利用法をお教えします。

 

転職エージェントはブラック企業が分かる

転職エージェントの営業は自分の担当する業界が決まっています。1年中、毎日同じ業界の求人情報を収集しているので、ときどきおかしな求人に気が付きます。例えばこんな時です。

  • 募集を止めたと思ったらすぐ再開する
  • 何人紹介しても募集がストップしない

 

こうした企業では、職場環境が悪かったり、労働条件がきちんと守られていなかったりするため、人の入れ替わりが激しい事がよくあります。いわゆる「ブラック企業」の可能性が高い企業です。 というわけで、転職エージェントを賢く利用すれば、ブラック企業をうまく避けることのできる転職活動は十分可能です。そのためのコツを3段階に分けてお教えしましょう。

 

ブラック企業に引っかからないための転職エージェント利用法

1.求人の紹介段階

転職エージェントから最初に転職先を紹介してもらう段階です。このとき、紹介先の企業に条件をつけてください。

  • 何度も同じ職種を募集し直すような企業の紹介はNG
  • 人の入れ替わりが激しい企業の紹介はNG

 

などです。一般に労働条件が悪い、劣悪な職場環境が予想されるような企業の紹介をNGとはっきり伝えるだけで、ブラック企業を紹介される可能性はかなり低くなります。

 

ときどき、それでも無理やり薦めてくる転職エージェント企業もありますが、そうした転職エージェントからの紹介自体を断ってしまいましょう。しっかりした紹介をしてくれる転職エージェント企業は他にもたくさんあります。

 

2.面接の段階

紹介先での面接の注意点ですが、自分から面接官に職場の雰囲気や労働環境を尋ねてもあまり意味はありません。言葉の上ならいくらでも取り繕えますし、ブラック企業も転職者に悪い印象を与える面接官を出したりはしません。ただし、次のようなポイントには注意しておきましょう。

  • 「人間関係に強いか?」「クセのある人がいても大丈夫か?」などをやたらに聞いてくる。
  • 今までの経歴を評価されずに、「自分の限界、殻を破れるか?」「今までの成功体験を捨てられるか?」などをやたらに聞いてくる。

 

「やたらに」がポイントです。実は、ブラック企業もたいてい、すぐに辞められると困るという点で共通の悩みを抱えています。「我慢できる人」を本当は採りたいのです。人間関係や仕事の大変さ、自分たちのやり方に合わせられるか、といった点をこうした企業は非常に気にします。それが上のような質問によく出てくるのです。他の企業の面接と比較してちょっとでも「おや、多いな?」と感じたら注意しても良いと思います。

 

3.条件の提示段階

実は、ブラック企業かどうかを見極める一番大事なポイントはここです。ブラック企業の場合、条件提示が細かいところで甘い、あるいは雑です。しっかりした企業は、条件提示が法律にのっとり、きちんと、細かいところまでしっかり説明してくれます。労働条件を気にしないブラック企業は、こうした説明が他社に比べて抜けがちになるのです。

 

もし、条件提示で聞きづらい場合、この時こそ転職エージェントの出番です。残業や手当について、直接聞きづらい細かい点を、転職エージェントに全部頼んで聞いてもらいましょう。もし、こうした説明を面倒がる企業がある場合、ここまで頑張ったのに残念でしょうが、あなたにとって合わない企業、悪くすると「ブラック企業」の可能性があります。

 

せっかく内定が出て、行きたい気持ちもあるでしょうが、働くことの基本的な条件が合わないということは、「働く価値観」がその企業と合っていない、すなわち長くは続かない会社である可能性があります。面接で分からなかったということです。

 

大事なことは内定を取ることではなく、あなたが幸せな転職先を見つけることです。やり直しができないことですから、冷静に転職先を見きわめてくださいね。

転職エージェントを利用すると、ブラック企業は高い確率で見分ける事ができそうですね。やはり転職には転職エージェントは不可欠だと分かる内容ですね。