転職サイトおすすめ早見表|評判が分かる比較レポート


まず初めに、転職エージェント、その次に転職サイト(求人に直接応募)、最後にノウハウ等を紹介しています。

 

おすすめNo.1は転職サイト「リクナビNEXT
転職者の8割が利用する定番の転職サイト。独占求人多数!
評価: 4.5 / 5.0 点|口コミ投稿数: 150

 

直接応募の転職サイトを閲覧したい方

転職エージェントの比較

おすすめポイントが分かる早見表

以下、主要な転職エージェントの特徴をまとめた比較表です。他にも色々なエージェントがありますが、まずはこれらをチェックすれば問題ないでしょう。スマホで見にくい場合は拡大して下さい。

各転職エージェントについて知りたい方はエージェント名クリックで概要ページに移動できます。

転職エージェントの特徴が一目で分かる早見表

type転職エージェント アイデムスマートエージェント JACリクルートメント リクルートエージェント Spring転職エージェント DODA ハタラクティブ
その他転職エージェントはこちら

 

早見表まとめ

当サイトでは、関東(東京)の方にはtype転職エージェントをおすすめしています。単に求人を紹介してもらうのならば、他社でも問題ありませんが、同社は業務効率を優先しない丁寧な対応を心がけています。次のようなメリットがあります。

親身な対応のメリット
    • 面談時に十分に時間を取ってもらえる事で、どういった仕事を望んでいるのか?という事をよく理解してもらえます。
    • 求人の説明をしっかりしてもらえるため、納得して応募できる。
    • 希望の仕事と実際の求人でミスマッチが生じにくい。
    • キャリアアドバイザーとの意思疎通がしっかりできる。

結局は、担当のキャリアアドバイザー次第ですので、期待通りにならないかもしれません。また、他社で同様の対応を期待できないわけではありませんが、type転職エージェントの方が親身で丁寧な対応という点では一番おすすめです。次項以降でさらに詳細を比較していきます。

 

どの業種・職種を得意としているか?

先の早見表で紹介した転職エージェントは概ね全ての業種・職種を対象としています。ただ、各社のホームページを分析すると、得意としていたり、どういった登録者を求めているのかが分かってきます。

 

以下の表は管理人のまとめとなりますので、もしかしたら各エージェントの思惑とは異なっているかもしれませんが、ある程度は的を得ているかと思います。得意と思われる業種・職種から順に、おすすめマークを付けています。スマホで見にくい場合は拡大して下さい。

各転職エージェントについて知りたい方はエージェント名クリックで概要ページに移動できます。

type転職エージェント アイデムスマートエージェント JACリクルートメント リクルートエージェント Spring転職エージェント DODA マイナビエージェント パソナキャリア ハタラクティブ

まとめ-業界・職種毎のおすすめ

各社、営業、IT系は得意としていますので、該当する人は他の要因を優先して選べば良いでしょう。企画、事務系をはじめ、その他の業種・職種ではややばらけてますので、希望業種・職種におすすめマークが付いてる転職エージェントがおすすめです。チェックしてみて下さい。

 

その他の項目も要チェックです。例えば、どこのエージェントでも女性の支援に積極的だと思われますが、ホームページ上で分かりやすく記載しているかどうか?はやはり注目すべき点だと考えます。他にも他エージェントのホームページでは見かけない業界用語が掲載されている場合も要チェックです。

 

各社、ホームページは随時更新してます。また、会社方針も変わる事でしょう。この表を参考に興味が湧いたエージェントがあれば、チェックしてみて下さい。今の仕事に関連するキーワードがあれば、狙い目かもしれません。

 

いまいち、どこのエージェントが良いのかが分からなければ、とりあえずリクルートエージェントの登録をおすすめします。一般的な業種・職種は強いので大きく外れる事はありません。キャリアアドバイザーの対応はピンキリのようですが、求人数が圧倒的に多いだけでも登録の価値ありです。

 

年代・年収別!でマッチした転職エージェントを選ぶ

エージェントによって支援対象とする(したい)求職者が異なります。主に年齢、年収、地域によって、態度が変わると思っていいでしょう。これに気付かず、間違ったエージェントに登録すると、ミスマッチが生じたり、十分な支援を受けれなかったりと上手く進みません。

 

その結果、イライラしながら、結局は他のエージェントに登録するという事になります。時間も無駄ですし、求人を紹介してもらえない事から自信を喪失してしまうリスクもあります。

 

以下、各社が宣言している内容と、口コミ等からの評価結果も考慮して、どういった年代・年収の方に、どのエージェントがおすすめかを比較図にしてみました。参考にして下さい。スマホで見にくい場合は拡大して下さい。

各転職エージェントについて知りたい方はエージェント名クリックで概要ページに移動できます。

 

年収別・年代別のおすすめの転職エージェント

type転職エージェント アイデムスマートエージェント JACリクルートメント リクルートエージェント Spring転職エージェント DODA マイナビエージェント パソナキャリア ハタラクティブ

まとめ-年代別のキャリア形成

第二新卒・20代のキャリア形成

この年代の方は、新卒での就職に失敗したと思っている方が多いと思います。現在の会社が合わない理由が明確であり、長くいても無意味だと確信しているのならば、早めに転職してしまう事をおすすめします。

 

ただし、第二新卒というのは、即戦力としては期待されませんので、転職エージェントによっては、第二新卒・20代前半の支援に消極的なところが多々あります。本音で言えば、企業への斡旋が容易な20代後半から30代が一番好ましい年代となるので仕方がないでしょう。

 

リクルートエージェントDODAマイナビエージェントSpring転職エージェントハタラクティブ(既卒・第二新卒専用)等は第二新卒専用の特集ページを用意してあったりと、ある程度の支援は期待できるかと思います。

 

その他、ハイキャリアに特化しているJACリクルートメント以外は第二新卒が不可とういう事はないと思いますが、登録時点で断られたり、求人をあまり紹介してもらえないケースも視野に入れておく方が好ましいです。

 

20代後半~30代のキャリア形成

20代後半~30代はほとんどの転職エージェントで歓迎されます。30代後半となると、管理職、プロジェクトリーダーの経験が欲しいところですね。そういった経験があれば、大きく年収UPも可能な年代となります。

 

同業種・同職種であればさらなるステップアップが可能!未経験業種・職種への転職ならちょっとしんどくなってくる年代です。これからのキャリア形成で大切な年代とも言えますので、今の会社に残る選択肢も含めて慎重に考える事をおすすめします。

 

40代・50代のキャリア形成

40代・50代の求人も最近は増えてきています。以前は、35歳までが転職の限界と言われておりましたが、最近では、即戦力となる40代・50代の転職市場が活発です。

 

昔の40代以上はPC操作も懸念材料でしたが、今の40代以上は20代よりも使いこなしますしキャリアも豊富です。売り手市場のため若手が集まりにくい現状において、40代・50代の採用が見直されています。

 

また、顧問契約をして、今までのキャリアを十分に生かしてもらおうとする企業も増えてきています。副業として顧問契約を行うケースもありますので、興味のある方はハイキャリアに得意なエージェントに相談してみましょう。JACリクルートメントがおすすめです。

 

直接応募の転職サイトならば、ビズリーチに登録しておくと、ヘッドハンターからのスカウトも期待できるかと思います。

 

中長期の転職

すぐに転職しないけど、今後のキャリアも考えながら少しずつ進めたい方は、Spring転職エージェントがおすすめです。WEB登録後の初回面談は断らない等、長いスパンでの支援も考慮してもらえます。

 

この点、他社とは明らかに異なる素晴らしい方針だと思います。初回面談を必ず行って欲しい場合は、WEB登録時、初回面談はお願いしたい旨を記載しておきましょう。

 

転職エージェントのサポートの傾向を把握する(親身?事務的?)

ここでは、親身・丁寧か?あるいは事務的なのか?を口コミを参考にして、各社のサポートの傾向について比較していきたいと思います。

 

比較のポイントは、以下の通りです。

  • 対象とする年代によってサポートはどうなのか?
  • カウンセリング、職務経歴書添削・模擬面接等の評判はどうか?

 

スマホで見にくい場合は拡大して下さい。

各転職エージェントについて知りたい方はエージェント名クリックで概要ページに移動できます。

type転職エージェント アイデムスマートエージェント JACリクルートメント リクルートエージェント Spring転職エージェント DODA マイナビエージェント パソナキャリア

 

 

まとめ-親身・丁寧かどうかは会社方針に依存する

この図では、各転職エージェントがどのような方針で登録者と向かい合っているか?また、どの辺りのキャリアの方への支援が得意か?を表しています。中にはエージェントの意向とはマッチしないところもあるかもしれませんが、実際のところはこんなところと思います。

 

口コミが少なく、親身・丁寧か?事務的か?が評価出来ないところは縦長の円になっています。例えばリクルートエージェントです。リクルートエージェントはキャリアアドバイザー次第で、口コミの内容がバラバラです。絶賛する内容もあれば、求人の紹介だけに割り切った方が良いよって内容も多かったです。

 

キャリアカウンセラー次第というのは、全てのエージェントに言える事です。人 対 人 ですので、相性次第というのは仕方がない事です。ただし、会社方針として、親身・丁寧な対応を心がけているところもあり、そういったエージェントは比較的、親身で丁寧な対応となっています。

 

例えば、アイデムスマートエージェントは転職エージェントでよくある悪い評判に対し、そうならない事を宣言しています。実際は難しいと思いますが、そういった方針で転職支援をしているという事です。何も宣言してないエージェントよりおすすめなのは言うまでもありません。

 

転職エージェントでよくある悪い評判

転職エージェントへの不満

※ アイデムスマートエージェントのホーム―ページより

 

面談を行う拠点はどこにある?

自分に合いそうな転職エージェントが見付かれば、後は近所に登録拠点があるか?も大切です。以下、登録拠点分布図を参考にして下さい。登録拠点がない場合は電話等での対応になるケースが多いと思います。

 

【調査対象】

スマホで見にくい場合は拡大して下さい。

転職エージェント分布比較図

まとめ-登録拠点と求人数

リクルートエージェントが一番多く、続いてDODASpring転職エージェントも全国的にフォローしています。登録拠点というのは、要するに支店ですので、当然営業部隊も配属されています・・・という事は、その地域の企業に営業をかけていますので、地元の求人数も多いと思って良いでしょう。

 

よって、登録拠点の多い転職エージェント=求人数が多い という事になります。全体の求人数が多いからといって、あなたの働きたい地域の求人も多いというわけではありません。例えば、type転職エージェントは関東(東京)限定となります。当然、全体の求人数は他社より劣りますが、東京に限定して見ると少ないといった事はありません。

 

 

転職エージェントの求人数を比較

前項で解説したように、転職エージェントが保有している求人数というのは、登録拠点の多さに比例するとも言えます。働きたい地域で評価しなければあまり意味がありませんが、参考として全社が拠点のある東京の求人数を比較しました。

 

転職エージェント 求人数
(東京・全職種)
拠点
type転職エージェント 28,000件 東京
リクルートエージェント 100,000件 全国
アイデムスマートエージェント 18,000件 東京・名古屋・大阪
JACリクルートメント 12,000件 東京・名古屋・大阪等
DODA 54,000件 全国
Spring転職エージェント 30,000件 全国
マイナビエージェント 17,000件 全国
パソナキャリア 25,000件 全国

 

まとめ-求人数は参考程度に!

求人数で順位付けした場合、リクルートエージェントDODAが他社を引き離し、あとは概ね同等となります。東京の求人数となりますが、これは他地域も比例すると考えて問題ありません。例えば、他地域に支店がある場合、東京本社の人事部が採用業務を担っている事が多々あります。よって、東京の求人数が多いという事は、他地域の求人数も豊富と言う事です。

 

ただし、転職エージェントの求人数は非公開求人が大半を占めています。文字通り非公開ですので、この数字が本当かどうかは誰にも分かりませんし、自分にマッチする求人がどの程度あるかも分かりません。

 

求人数を意識する事は大切ですが、それだけを評価の対象としても意味がありません。転職する会社を選ぶ際にも、あなたなりの基準があると思いますが、エージェントを選ぶ際にもあなたなりの基準で選択するようにしましょう。

 

各転職エージェントの特徴まとめ-公式サイトへのリンク

最後にこのページで比較した転職エージェントの特徴をまとめておきます。

1位:type転職エージェント

特徴 業務効率を優先しない丁寧な対応
得意な業種・職種 営業、経営企画、IT・WEB、技術、女性
登録拠点 東京
得意な年代 25歳~49歳
丁寧 or 効率的 丁寧なサポート

 

2位:アイデムスマートエージェント

特徴 量より質(親身)が特徴。この5年でカウンセラー数が10倍以上。
得意な業種・職種 経営企画、事務、経理・人事、IT・WEB、商社、アパレル
登録拠点 東京、名古屋、大阪
得意な年代 25歳~49歳
丁寧 or 効率的 丁寧

 

3位:JACリクルートメント

特徴 年収500万円以上のハイキャリアの支援が得意
得意な業種・職種 営業、経理・人事、技術、外資系
登録拠点 東京・大阪・神戸・京都・名古屋・横浜
得意な年代 30歳以上
丁寧 or 効率的 丁寧

 

4位:リクルートエージェント

特徴 全業種・全職種の求人数が多く登録必須
得意な業種・職種 全業種・全職種
登録拠点 東京・北海道・宮城・栃木・埼玉・千葉・横浜・静岡・名古屋・大阪・京都・神戸・岡山・広島・福岡
得意な年代 20歳以上
丁寧 or 効率的 効率的

 

5位:Spring転職エージェント

特徴 初回面談は断らない。中長期支援が得意で総合力は高い
得意な業種・職種 営業、経理・人事、IT・WEB、技術、外資系、アパレル
登録拠点 東京・北海道・宮城・茨城・名古屋・大阪・岡山・広島・福岡
得意な年代 20歳~49歳
丁寧 or 効率的 丁寧

 

DODA

興味のある方はこちらから
特徴 リクルートエージェントに次ぐ規模で求人数もNo.2
得意な業種・職種 営業、IT・WEB、技術、医薬・医療
登録拠点 東京・北海道・宮城・横浜・静岡・名古屋・大阪・京都・神戸・広島・福岡
得意な年代 20歳~49歳
丁寧 or 効率的 効率的

 

マイナビエージェント

特徴 カウンセリング重視。知名度も高い。
得意な業種・職種 営業、IT・WEB、技術、MR、女性、第二新卒
登録拠点 東京、北海道、神奈川、名古屋、大阪、福岡
得意な年代 20歳~39歳
丁寧 or 効率的 丁寧

 

パソナキャリア

特徴 幅広いニーズに対応。業界大手。
得意な業種・職種 IT・WEB、医薬・医療、金融・コンサル、不動産、女性
登録拠点 東京、神奈川、静岡、名古屋、大阪、広島、福岡
得意な年代 27歳~49歳
丁寧 or 効率的 不明

 

ハタラクティブ

特徴 フリーター、既卒、第二新卒専用
得意な業種・職種 営業、IT・WEB
登録拠点 東京
得意な年代 20歳~25歳
丁寧 or 効率的 丁寧なサポート

 

 

転職サイトの比較(求人に直接応募)

転職エージェントを通さず直接応募する転職サイトについて紹介します。エージェントは登録し過ぎると対応が大変ですが、転職サイトは登録によって、負担が増える事はあまりありません。特に転職ではスカウトメールと呼ばれる企業からのお誘いメールも魅力的ですので、スカウト待ちの、受け身の活動も可能です。

 

おすすめポイントが分かる早見表

各転職サイトや口コミから評判・特徴など、おすすめのポイントをまとめました。スマホで見にくい場合は拡大して下さい。

各転職サイトについて知りたい方はサイト名クリックで概要ページに移動できます。

転職サイトの特徴が分かる早見表

リクナビNEXT ビズリーチ キャリトレ 転職サイト@type MIIDAS はたらいく とらばーゆ 女の転職@type キャリアカーバー
その他転職サイトはこちら

 

まとめ-とりあえずリクナビNEXTに登録

リクナビNEXTに登録してない人はまずチェックしましょう。求人への応募以外にノウハウ等、基本的な情報収集はここで出来ます。新卒でリクナビを使っていた方が大半かと思いますので、一番抵抗がないサイトとも言えるでしょう。

 

また、転職サイトの主力機能の1つのスカウト機能に着目した場合、リクナビNEXTが量・質ともに一番良さそうです。3種のスカウトメールによって重要度も分かりますので取扱いが便利です。スカウト機能ではビズリーチキャリトレも良いですね。

 

年代・年収別でマッチした転職サイトを選ぶ

各転職サイトの特徴を年代別・年収別にまとめると以下のようになります。スマホで見にくい場合は拡大して下さい。

各転職サイトについて知りたい方はサイト名クリックで概要ページに移動できます。

 

年代、年収別でどの転職サイトを使うのが好ましいかを表した比較図

リクナビNEXT ビズリーチ キャリトレ 転職サイト@type MIIDAS はたらいく とらばーゆ 女の転職@type キャリアカーバー マイナビ転職 エン転職

 

まとめ-使い分けが大切

リクナビNEXTが全ての年代に対応しています。とりあえず登録した上で、その他マッチしたサイトへの登録をおすすめします。リクナビNEXTは求人検索以外にも、ノウハウ等のコンテンツも豊富で、退職する前に目を通しておきたい内容も盛りだくさん。

 

年収UPを狙いたい方にはビズリーチがおすすめです。登録に年収制限は設けられてませんが、年収500万円程度の方ならば、大きく年収UPというのも可能でしょう。年収1,000万円前後の求人がゴロゴロしています。

 

ビズリーチ同様にリクルート系列のキャリアカーバーも年収UPにおすすめです。こちらは、年収600万円以上が推奨されています。スカウトメインでの活動となります。

 

女性の方は女性の求人を集めた「とらばーゆ」や「女の転職@type」もおすすめです。職種は事務や販売系が多いので、希望職種によって使い分けるようにすれば良いでしょう。各転職サイトの特徴は次項以降で図表を使って解説していきます。

 

検索重視?スカウト重視?転職サイトの傾向を把握しよう

新卒とは異なり、転職サイトでは自分で求人を検索して応募する方法と、企業やヘッドハンターからのスカウトを待って選考を進めていく2つの方法があります。スカウトの場合は、書類選考は行われず、面接からの選考となる場合もあります。

 

また、第二新卒に強いサイトもあれば、年収1,000万円以上の求人が豊富な転職サイト等、特徴も色々です。ここでは以下のポイントで比較図を作成しました。

  • 求人検索タイプかスカウトタイプか?
  • 第二新卒・未経験の応募も利用できるか?キャリアのある転職者のみが対象か?

 

スマホで見にくい場合は拡大して下さい。
各転職サイトについて知りたい方はサイト名クリックで概要ページに移動できます。

転職サイトのスカウト重視?検索重視?ハイキャリア重視?かを表した比較図

キャリアカーバー ビズリーチ キャリトレ マイナビ転職 エン転職 転職サイト@type リクナビNEXT はたらいく

まとめ-スカウト重視ならリクナビNEXTとビズリーチ

転職サイトの中で、リクナビNEXTが一番バランスが良く、第二新卒や未経験が応募可能な求人、管理職が応募できるハイキャリアの求人など幅広く揃ってます。また、スカウト機能についても3段階のスカウトメールによって、重要度が分かるようにコントロールされています。転職するならリクナビNEXTがおすすめと言われるのはこの辺りにあります。

 

また、スカウト機能に着目すると、リクナビNEXTに匹敵するのが、ビズリーチとなります。高待遇の求人が多いため、20代後半以降の利用が好ましいかと思います。20代前半~中盤の方はキャリトレが良いでしょう。いずれも、求人を検索するよりもスカウトを重視したい方におすすめです。

 

その他、マイナビ転職エン転職@typeについては、スカウト機能ではリクナビNEXTに劣ります。求人の検索をメインとして利用するのが良いでしょう。

 

各転職サイトの実力は?求人数やスカウトの質は?

転職サイトについて、以下の項目をグラフ化して比較しました。

  • 求人数
  • スカウトの質
  • 求人のマッチ度
  • ノウハウ
  • オリジナリティ

 

スマホで見にくい場合は拡大して下さい。

各転職サイトについて知りたい方はサイト名クリックで概要ページに移動できます。

 

リクナビNEXT等の転職サイトの求人数、スカウトの質、求人マッチ度等をグラフで比較

リクナビNEXT ビズリーチ @type エン転職 マイナビ転職 キャリトレ

 

 

まとめ-目的別で考える

求人数を比較

求人数で比較した場合、リクナビNEXTビズリーチキャリトレがおすすめです。@typeマイナビエン転職も十分な求人数なので、余裕のある方は併用をおすすめします。

 

スカウトの質を比較

多くの求職者に送付しているダイレクトメールも無意味ではありませんが、やはり本気度の高いスカウトメールに興味が引かれますよね。リクナビNEXTビズリーチは、ダイレクトメールのようなスカウトも多く届きますが、それに比例して面接確定のスカウトメールが多いのが特徴です。選考を有利に進めるスカウトメールを受け取りたいなら、この2つの転職サイトがおすすめです。

 

転職エージェントを主体として活動したい方は、スカウトに強い転職サイトの利用がおすすめです。キャリアアドバイザーの対応はそれなりに時間を取られます。求人をチェックしていなくても、スカウトメールから気になる求人だけに応募すれば良いので効率が良い!初めに職務経歴書等を確実に登録しておけば、マッチしたスカウトが届きやすくなります。

 

求人のマッチ度を比較

マッチ度と表現しましたが、要するに検索条件の豊富さですね。自分の希望に沿った求人検索が可能であれば、その分マッチした求人を見付ける事が可能となります。ここで取り上げた転職サイトの検索条件は非常に豊富ですが、特に@typeは残業時間で検索できたりと進化を続けています。

 

はたらいくは第二新卒や20代前半におすすめとなりますので、全ての求職者が対象とは言えませんが、ミスマッチをなくそうとする仕組みが散りばめられています。未経験の求人も多いので新たな職種にチャレンジしたい人にもおすすめです。

 

各転職サイトの特徴まとめ-公式サイトへのリンク

最後のこのページで紹介した転職サイトをまとめておきます。

1位:リクナビNEXT

特徴 求職者の8割以上が利用。3種のスカウトメールが魅力的。
年代 20歳以上
スカウト or 検索 両方とも最もおすすめ
転職ノウハウ 退職前から転職後まで全ての情報が掲載
求人数
その他 No.1転職サイト

 

2位:ビズリーチ

特徴 高い給料を狙いたいキャリア志向の方におすすめ!ヘッドハンターからのスカウトも魅力。
年代 30歳以上
スカウト or 検索 面接確定のプラチナスカウトの質が良い
転職ノウハウ 少ない
求人数
その他 特に30代は年収UPのチャンス

 

3位:@type

興味のある方はこちらから
特徴 残業時間で検索出来たり、求人情報も見やすかったりと求職者視点のサイト。
年代 20歳~49歳ぐらい
スカウト or 検索 検索目的の利用がおすすめ
転職ノウハウ 豊富な情報量。自己分析ツールもおすすめ
求人数
その他 IT系に評判が良い

 

4位:キャリアカーバー

興味のある方はこちらから
特徴 年収600万円以上が目安。リクルート系列
年代 40歳以上
スカウト or 検索 スカウト目的の利用がおすすめ
転職ノウハウ 少ない
求人数
その他

 

5位:MIIDAS

興味のある方はこちらから
特徴 200万人の年収データから市場価値(想定年種)が分かる
年代 20歳~49歳ぐらい
スカウト or 検索 検索目的の利用がおすすめ
転職ノウハウ 少ない
求人数
その他 メールが届くのは週1回

 

はたらいく

特徴 第二新卒の求人が多い。地方の求人も強い。
年代 20歳~25歳ぐらい
スカウト or 検索 検索目的の利用がおすすめ
転職ノウハウ 豊富な情報量
求人数
その他 おもしろい機能が多い

 

マイナビ転職

興味のある方はこちらから
特徴 リクナビNEXTには劣るものの大手サイトの1つ。転職イベント豊富
年代 20歳~49歳ぐらい
スカウト or 検索 検索目的の利用がおすすめ
転職ノウハウ 豊富な情報量
求人数
その他 リクナビNEXT+@としておすすめ

 

エン転職

興味のある方はこちらから
特徴 スマホアプリが使いやすい
年代 20歳~49歳ぐらい
スカウト or 検索 検索目的の利用がおすすめ
転職ノウハウ 豊富な情報量
求人数
その他

 

キャリトレ

特徴 スカウトが充実。若手メイン。
年代 20歳~35歳ぐらい
スカウト or 検索 スカウト目的の利用がおすすめ
転職ノウハウ 少ない
求人数
その他

 

とらばーゆ

特徴 女性の求人に特化。女性視点のコンテンツが豊富
年代 20歳以上
スカウト or 検索 検索目的の利用がおすすめ
転職ノウハウ 女性の転職情報が豊富
求人数
その他

 

女の転職@type

特徴 女性の求人に特化。女性視点のコンテンツが豊富。
年代 20代以上
スカウト or 検索 検索目的の利用がおすすめ
転職ノウハウ 女性の転職情報が豊富
求人数
その他 検索方法が斬新

 

転職ノウハウ

自分に合いそうな転職サイト・転職エージェントは見つかったでしょうか?すぐに利用するのも良いですが、それぞれを有効に使うには、予備知識があった方が良いでしょう。それぞれを効果的に利用する方法を紹介します。

 

転職サイトを効果的に利用する方法

転職サイトを有効利用するための情報を掲載しています。ここで紹介している記事の大半は元リクナビNEXTの方から情報収集したものとなっています。リアルな情報に加え、どのように使えば、優良企業とめぐり会え、また、ブラック企業を避ける事ができるのか?といった事を紹介しています。

 

個人的にお気に入りのタイトルは以下の通りですが、他にも色々あるのでボケーとしながらご覧下さい。

 

※ その他のタイトルは転職サイト関係者のおすすめ情報をご覧下さい。

 

転職エージェントを有効に利用する方法

登録者を企業へ入社させた時点で、年収の約30%程度がエージェントの報酬となります。よって、本音を言えば、優秀な求職者のみを支援した方が効率が良いという事になります。エージェントとはWin-Winの関係を築く事が大切です。自身の能力を上手にPRし、この登録者なら転職が可能だ!と思わせる事が大切です。

 

こちらのタイトルも現役&元エージェントの方から情報収集したものとなってます。リアルな情報ですので上手に使って下さい。

 

その他のタイトルは転職エージェントの有効活用をご覧ください。

 

自己分析・自己PRの書き方・職務経歴書の書き方・面接対策等

転職を成功させるための考え方やノウハウを紹介しています。転職サイト関係者、エージェント関係者、キャリアカウンセラーから情報収集した内容となります。転職しようかな?と悩んでいる方から、実際に活動を開始している方まで役に立つ情報となります。

 

その他のタイトルは転職ノウハウをご覧下さい。

 

また、関連サイトの面接データベースでは、転職でよくある質問と回答例を約1,000例用意してあります。面接に自信のない方や、職務経歴書に記載する自己PRを参考にしたい方はご利用下さい。

 

外部のおすすめWEBサイト