ハローワーク(職業案内所)とは

注:ちゃんと調べたわけではないので雰囲気だけ味わってください。

ハローワーク(職業案内所)は会社を辞めて1番はじめにいくところ。失業者の登竜門です。初めて行くときかなりびびってました。なんか微妙な気持ちです。入ってはいけない世界にいくような気分・・・。なんか怖そうなおじさんいたり、くら~い人いたり。

 

今まで不景気って実感なかったんですが、ここ来たらやっぱ不景気なんかなぁってしみじみ感じてしまいました(2002年頃のお話です)。それで結局「ハローワーク(職業案内所)」って何?と思われてる方いらっしゃいますよね。簡単に言ったら、

 

「失業中」って認定してもらって失業保険もらうところ。

 

今まで雇用保険払ってたのは全てこの時のためなのです。しかし、ここで注意が必要。退職には種類があるんです。それによってもらえる金額変わっちゃいます。自己都合ってやつと自己都合じゃなくて会社のせいってやつです。簡単に言ったら、

 

  • 私のようにしたい仕事ができないから辞めちまえっていうのは自己都合。
  • 会社が倒産したら会社のせいってな感じでございます。

 

「サービス残業多いからもう体がぼろぼろ。だから退職しました。」というのは、本来ならば、自己都合じゃないんですが、毎日出勤時間、退勤時間を細かく付けてるとかして証拠がなかったら結局自己都合になってしまうようです。

 

若者は、ほとんどの人が自己都合退職だと思うんですが、自己都合だと、退職後3ヶ月間はお金もらえません。つまり、退職後1、2,3ヶ月目までは、何にも貰えなくて、退職後4ヶ月、5ヶ月、6ヶ月目にお金もらえます。ここで要注意。 失業保険もらうには条件があります。

 

① 離職日以前1年間に6ヶ月以上雇用保険を払っていた人

たいていの会社は給与から自動引き出しになっています。派遣社員、契約社員だった場合は確認しておく方がいいでしょう。

 

② 今すぐにでも働ける状態にある人

これが条件です。つまり、学校行くとかそんな人はもらえないんです。表向きはね。でも職安が指定する学校ならば勉強中はずっとお金もらえるというシステムもあります。なんかこれがすごい変なんです。

 

つまり、就職するために、職安の指定する施設で勉強するならお金をもらえるんだけど、個人で受験したりで、学校行ったら何にもあげないよってシステムなんです。しかも職安の指定の学校ならば、本来は3ヶ月しかもらえない人でも6ヶ月とかでももらえちゃうみたいです。

 

③ ちゃんと転職活動してる人
「転職活動やりましたっ」ていう申請をださなければなりません。回数は月に2回ぐらい。でも自分では転職活動のつもりでも、それは転職活動に入らないよっていう時があるので、職安に問い合わせて確認しておきましょう。詳しくはハローワーク(職業案内所)で調べて下さい。