辞表とか退職願とかいいますが、退職願が正式な呼び方です。辞表というのは役員のような偉いさんが使う表現のようです。以下に例文を載せますのでパソコンではなく手書きで書きましょう(名前だけ直筆でもいいかも)。

退職願の見本

≪注意≫

  • 私儀って下の方にありますが、これは間違っておりません。
  • 印は印鑑を押すという意味ね。
  • 会社によってはフォーマットがあるところもあるようです。
  • 退職願は封筒にいれて提出しましょう。封筒は、表面真ん中に退職願(縦書)と書きます。
  • 裏面には部署名と名前を書きましょう。
  • 自分の名前は社長の名前より下になるように書きましょう。≪退職日について≫
    退職できる日は民法上では退職を通知した2週間後となっています。だから、2週間で辞めても法的には問題ありませんが、会社の就業規則で別途設定されているのが一般的です。ちなみに私の会社は退職したい旨を伝えた2ヶ月後となっています。これを守らなかったら退職金が貰えないって書いてました。社会人ならば、会社の就業規則に従った退職をするようにしましょう。