皆さんは新卒紹介サービスで取り扱っている求人にはどんなイメージを持っていますか。「ブラック企業が多そう」「中小企業の求人が多そう」など、そんなイメージの方も多いのではないでしょうか。今回は新卒紹介サービスにはどんな企業が求人を掲載しているかを説明します。

 

新卒紹介エージェントの求人傾向

新卒紹介サービスが始まった頃、このサービスで取り扱われていた求人は中小企業がほとんどでした。しかし近年では、皆さんも知るような大手企業が、新卒紹介サービスを利用するケースが非常に増えてきています。

 

大手企業が新卒紹介サービスを利用するようになった

なぜ今まで利用していなかった大手企業が新卒紹介サービスを利用しているのでしょうか。理由は様々ありますが、1番は、売り手市場となり大手企業ですら優秀な人材を取れない時代となったのが挙げられます。

 

以前のような就職サイトのみで「学生を待つ採用活動」だけでは、競合他社に学生を取られてしまう時代になったのです。大手企業といえども「学生に働きかける採用活動」が必要となり、その手段の1つとして、新卒紹介サービスのニーズが増えてきています。

 

一方、学生側は悩みを相談することができます。「どんな業界が向いているのか」「就職活動をどのように進めれば良いのか」など自分の不安点を相談し、解消していくことで効率的な就職活動を進めることが出来るのです。

 

新卒紹介サービスを利用する会社の特徴

新卒紹介サービスを利用する会社は、もちろん大手企業に限りません。大手企業も含め、具体的にどんな会社の求人が具体的に掲載されているのでしょうか。ここではよくあるケースを4つ説明します。

 

(1)就職サイトでは集まらない層の学生を採用したいケース

就職サイトを利用して学生を集客する場合、応募してくる学生の層に偏りが出てしまう場合があります。例えば「化粧品メーカーでは女性が集まりやすい」「食品メーカーの技術職には生物、化学専攻の学生が集まりやすい」などが挙げられます。

 

しかし、企業側としてはそれらの学生以外にも採用を行いたいと考えている場合が多いのです。先ほどの例に合わせて考えますと「化粧品メーカーだけど、男女比率から考えても男性も採用したい」「食品メーカーの技術職だけど、工場などのインフラを作る機電系も採用したい」などのニーズもあるのです。その場合は新卒紹介サービスを利用し、普段集まらない層を採用するケースがあります。

 

(2)就職サイトで集客すると、集まりすぎてしまい手間がかかるケース

「大手企業の人気職種」を就職サイトで掲載すると、当然ですが応募が殺到します。もちろん企業としては喜ばしいことですが、企業は応募者の処理をするだけでも、膨大な手間がかかってしまうのです。

 

新卒紹介サービスでは、応募者のスクリーニングから面接の日程調整など、人事の代行業務も行っており、こうした企業側の手間を抑えることが出来ます。そのため「大手企業の人気職種」のような超優良求人が掲載されることも多いです。

 

例えば、「超大手食品メーカーのマーケティング職」「超大手自動車メーカーの人事職」などの「超お宝求人」も過去には掲載されていました。もちろん就職サイトやHPには掲載されていない求人です。

 

(3)競合他社に募集をしていることを知られたくないケース

就職サイトで募集をすると、競合他社にも募集情報は知られてしまいます。ある事情で競合他社に情報を隠して募集をしたい場合、新卒紹介サービスを利用するケースがあります。例えば、「新規事業を行う予定で、そこに携わる新卒社員を採用したい」などが具体的に挙げられます。

 

(4)海外人材の募集をするケース

今後、更なる海外展開を強化していきたいという大手企業に多いケースです。総合商社などの「海外」「語学力」というイメージが強い業界に関しては就職サイトで海外人材が集客出来ます。

 

しかし、これから海外に力を入れていきたいという会社に関しては就職サイトで海外人材を集客していくのは非常に難しいです。そのため、新卒紹介サービスを利用し、「語学力がある学生」を採用するケースが多いです。

 

語学力を活かしたい学生やこれから海外の市場を作るような仕事に携わりたいような学生には、新卒紹介サービスはおすすめです。自分が想像していなかった業界を「語学力が活かせる会社」として紹介してもらえると思います。

 

「文理不問」「知識不問」などの求人も多い

「文系だし営業かな」と考えている学生の方が多いのではないでしょうか。実は職種によっては文系でも専門性の高い仕事に携わることが出来ます。そして新卒紹介サービスでは、そんな求人を掲載しているケースが多いです。文系の方は新卒紹介サービスを利用して、自分の仕事の可能性を広げてみると良いでしょう。

 

システムエンジニアの募集

実はあまり知られていませんが、今やシステムエンジニアは理系の仕事ではありません。研修をしっかり施す前提で、文系学生を採用するシステム会社が増えています。文系学生はこの事実をあまり知らないので、就職サイトでは文系学生はなかなか集まりません。そのため新卒紹介サービスを利用する会社が多いのです。

 

施工管理の募集

建築業務のディレクターとも言える施工管理の仕事も文系歓迎の職種の1つです。図面の書き方など専門性の高い知識が身に付きます。

 

想像もしていない求人との出会いがあるのが「新卒紹介サービス」

いかがだったでしょうか。幅広い求人を取り扱っているのがお分かりいただけたのではないでしょうか。新卒紹介サービスにしか掲載されていない求人も非常に多いです。そして自分でも想像もしていない求人とも出会えるサービスでもあります。ぜひとも新卒紹介サービスを利用し、自分の就職活動の可能性を広げて見てください。