MR・製薬業界におすすめの転職エージェント(人材紹介会社)

転職エージェント(人材紹介会社)のWEBサイトでは、「メディカル」という分類に入ることが多いと思います。比較的給与の高い業界で、経験者の転職も容易です。

つまり各転職エージェント(人材紹介会社)も力を入れる分野という事もあり、どこの転職エージェント(人材紹介会社)でも取り扱っているのが一般的です。
 

転職エージェント名 概要 拠点
1位 管理人が製薬業界を目指した際に利用した転職エージェント①。

応募基準に達していなくても、面接のチャンスを与えてもらえました。MRの求人が豊富です。

全国
2位 管理人が製薬業界を目指した際に利用した転職エージェント②。

製薬関係は外資系が多いので、外資系に強いJACリクルートメントはおすすめです。

関東

関西
3位 当サイト人気No.1のtype転職エージェントですが、リクルートエージェント、JACリクルートメントは管理人が利用した事があるので、typeさんは3位にしておきます。 東京

 

製薬業界の求人で一番多いのは、MR(医薬情報担当者)です。簡単に言えば営業ですが、医師に対して医薬品の説明を行うので高い専門知識を有します。

 

MRの求人は随時行っており、MRの経験者は仕事に困ることはまずないでしょう。ただし、最近はIT化の流れでやや厳しい時代に突入し始めたかもしれません。

 

最近のMRの求人は経験者を募集している事が多いのですが、営業経験者なら未経験でも応募可能な場合があります。未経験の方は、入社後、数ヶ月の研修の後、資格試験を受け現場配属となります。

 

給与も比較的高く、聞こえは良い職種ですが、相手が医師という事もあり楽な仕事ではありません。やる気満々の方にはおすすめです。

 

他にも、製薬研究者、製剤研究者、臨床開発担当者、分析担当者などありますが、経験者であれば、それほど転職に苦労しないでしょう。

 

なお、1位のリクルートエージェント、2位のJACリクルートメントは私もMRを考えていた際に利用した事があるので、簡単に当時の記憶を書き留めておきます。

 

リクルートエージェントはR未経験でありながら、積極的にサポート頂きました。当時、応募基準に達していませんでしたが、頑張って書類選考を通してくれた事は今でもよく覚えています。

 

JACリクルートメントも、当時、何のキャリアもない若造に対し、親切に対応してくれました。結局、MRは書類選考でダメでしたが、代わりに医療機器の営業を紹介されたっけ・・・。

 

面接の機会を与えてもらえ、医療業界がどんなものか?を肌に感じれた良い経験でした。

 

JACリクルートメントは英語に強い転職エージェントですが、製薬業界も結構得意だったりします。製薬業界って外資系が多いのでその流れかもしれません。

 

極端な話、製薬業界を得意としているというかMRを得意としています。 公式サイトの製薬業界の転職についてのページではMR情報ばかりでした。

 

親身な対応でも評判が良いのでおすすめだと思います。

 

製薬業界の裏話

私は製薬業界に属していますが、こんなイメージを持ってます。結構適当に書いてるので、お忙しい方は無視して下さい。

 

  • 「製薬業界で働いてます」と言うだけで、頭が良いイメージがあるようで・・・。実際はそんな事ありません。頭が良いのは一部の人だけだと思います。
  • 医療用先発品とジェネリック品(後発品)・・・大きな病気になった場合、私なら先発品を選びます。その薬の膨大なデータは全て先発品での実績でありジェネリック品ではない。薬の中身は全く同じではないので、やっぱりちょっと心配。

    有効成分を製造しているところももちろん違います。厳しい試験にクリアしなければなりませんが、全く同じものとは言えません。

  • よく薬の原価は安いと言われるけど、開発費用がすごいかかってるんです。ほとんどの開発品は開発中止になるし。たまに発売される新薬で利益取らないと、会社が倒産します。

    ただ、革新的な新薬は高い薬価を付けるテクニックがあるようで、異様に薬価の高い新薬が時々出てきます。やり過ぎるから叩かれる。

  • 薬の有効成分・・・途中までは中国やインドで製造されている普通の話。最後らへんは国内ですが。
  • ドラッグストアで販売されているようなお薬は、どこの会社のものでもほとんど変わりません。有名メーカーの隣に同じ成分の知らないメーカーの薬があったらそっちの方がお得です。

    医薬品製造会社は国の査察があるので、全く名前の知らない会社でも一定の品質は維持しています。

 

という事で製薬業界への転職をお待ちしております。製薬業界-ノルマのない営業職に転職も参考にして下さい。