リクナビNEXT(公式サイト)

興味がある方は↑から

転職者なら必ずチェックするべき転職サイト

リクナビNEXTはサイトから企業へ直接応募の転職求人サイトです。新卒時にはリクナビをご利用になった方がほとんどかと思いますが、そのリクナビの転職版がリクナビNEXTとなります。転職においても、その存在感は圧倒的で転職者の80%以上が利用するという怪物サイトです。口コミ情報をまとめると、概ね以下のような結論に辿り着きます。

 

リクナビNEXTのおすすめのポイント

  • 求人情報が豊富
  • 大手企業のみならず、中小企業の求人も多い
  • 地方の求人も多い
  • 求人の検索条件が豊富
  • 求人情報以外に、自己PRや職務経歴書の書き方等のノウハウも豊富
  • スカウト機能が充実
  • サイト全体がゴチャゴチャしてて見にくい

 

リクナビNEXTは求人情報以外の情報も豊富なのが特徴ですが、肝心の求人情報が豊富で検索もしやすいというのは嬉しいですね。”サイト全体がゴチャゴチャしている”というのは、情報量が多いための弊害のようにも思えます。何度か使っていくうちに慣れていくでしょう。

 

リクナビNEXTのおすすめポイントを紹介していきます。

 

おすすめ1:スカウト機能が優秀

リクナビNEXTに登録しておくと、企業の人事責任者や、リクナビNEXTと提携している転職エージェントからプライベートオファーと呼ばれる強力なスカウトが来ます(ダイレクトメールの様なのも届きますが、プライベートオファーは別格)。

 

リクナビNEXTに登録する際に、職務経歴書の登録をする必要があります。この職務経歴書の登録を手を抜かずに完成させておくと、プライベートオファーと呼ばれるオファーが掛かる仕組みです。

 

プライベートオファーは、大企業に面接1回で内定が出るほど、有効なオファーです。書類選考もパスになりますし、面接回数も通常のようなステップを踏む必要がなくなります。内定決裁権を保有している役員や人事担当者が、いきなり面接をすることで時間が省けます。

 

おすすめ2:転職を検討されている企業ランキング

会員が検討リストに入れている企業の多い順のランキングです。別名・・・応募しても通らないよねランキング・・・いやいや人気ランキング。どんな企業が注目されているか気になる方におすすめ!登録者数が多いリクナビで最も注目されている企業がランキングされているわけですよね。書類選考通ったら自信付くかもね♪

 

おすすめ3:検索キーワードランキング

これも結構楽しい。さてさて、どんなキーワードがランキングしてるかなと・・・ランキング上位の常連は40代、50代らしい。この年代の方もたくさん利用しているって事ですね。他には、英語、アニメ、××××(自粛)、高卒、中国語、高収入などなどでした。

 

おすすめ4:グッドポイント診断

自己分析ってやつですね。これ、30分もかかる超本格的なプログラムです。さらに、企業に応募する際にその診断結果を添付する事ができるので、自分の性格もPR出来るって事ですね。会員の80%が添付しているそうです。新しい試み!GOOD!

 

おすすめ5:正社員の求人が豊富

リクナビNEXTの求人は ほとんどが正社員
となります。派遣社員、契約社員の求人は稀にありますが、一定期間就業した後は正社員登用が前提となった求人がほとんどです。

 

求人数
求人数は約5,000件となります。国内最大級の求人数ですがNo.1ではありません。ただ、リクルートは、『はたらいく』や『とらばーゆ』など複数の転職求人サイトを運営しておりますので、関連サイトも含めると実質No.1の求人数 となります。

 

第二新卒の求人数
第二新卒歓迎の求人は全体の約10%の500件程度となります。第二新卒の求人は同じくリクルートが運営している『はたらいく』がNo.1となっています。

 

業種・職種
全業種・全職種が対象となります。

 

おすすめ6:職務経歴書の見本

約100職種の職務経歴書の見本が掲載されています。どこをどのように記載する必要があるのかをポイント毎に解説されています。実際の職務経歴書を見本としておりますので理解が深まると思います。また、次のようにテーマ別にまとめられています。分かりやすくいいですね。

リクナビNEXTの職務経歴書見本

  • 人事に会いたいと思わせる職務経歴欄の書き方
  • はじめての応募レジュメ書き方
  • 編年体式とキャリア式の記入例
  • 年収700万円の職務経歴書からノウハウを学ぶ
  • ワザあり職務経歴書
  • 応募書類テクニック
  • 弱点のある場合の職務経歴の書き方
  • アピールが足りないレジュメの場合
  • 上手に整理できていないレジュメの場合
  • 経歴が浅く、書けることが少ない場合
  • 英語・中国語レジュメの書き方

 

 

転職活動Q&A
『転職成功ノウハウ』に掲載されている転職活動に関するQ&Aが豊富。200件ぐらいあるのではないでしょうか。これだけ見れば、転職活動に関する予備知識は十分身につきます。

 

はじめての転職パーフェクトガイド
『はじめての転職パーフェクトガイド』では退職前に知っておいた方がいい事も掲載されています。保険、年金等の税金の手続きについても紹介されています。もちろん、はじめての転職活動を行う方のためのノウハウもあります。

 


 

 

【転職サイト・エージェントの比較】