独占求人が85%

リクナビの掲載されているコンテンツは業種別、勤務地別で検索することができ、とてもわかりやすい内容で求人の心を掴もうとしているのがよくわかる。リクナビにしか掲載されていない求人が85%とリクナビの信頼性も伺うことができると感じた。

 

社会情勢にも敏感であるため今求められているスキルが何なのかがすぐにわかることができた。自分を売るスカウト機能はとても素晴らしい機能だと感じた。転職の成功例なども見ることができとても参考になる。

 


[管理人コメント]

リクナビNEXTにしか掲載されていない求人が常時85%ぐらいあります。要するにリクナビNEXTを見ないと発見できない求人です。転職は人生で数えるぐらいしか経験しません。

 

その数少ない転職活動を行っているこのタイミングで、求人募集している企業というのも何かの縁を感じませんか?その縁を掴むか?掴まないか?がリクナビNEXTを利用するかしないかで変わってくるわけです・・・と、ちょっと大袈裟に書きましたが、転職では自分が希望する会社にどれだけめぐり会えるかが大切で、それがなければ書類応募さえもできません。

 

まずは、運命の出会いを見付けるところを重視する必要がありますよね。よって、リクナビNEXTほどのメジャーで求人の多い転職サイトを利用しないで、これだけ多くの求人を見逃すのは非常にもったいないです。登録が面倒でも、どのような求人があるかはチェックしておく方が好ましいと思います。

 

で、ちょっとリクナビNEXTからは話が外れますが、の転職エージェント(人材紹介会社)が保有している求人のほとんどは公開されないのが一般的です。多くても30%程度が公開求人で、残りの70%は非公開求人となります。

 

リクナビNEXTの関連会社のリクルートエージェントは10万件程度の求人を保有しており、転職サービスを提供している企業では最も多くの求人を抱えています。ざっくり7万件は一般公開されていない事になりますが、これはリクルートエージェントに登録しないとめぐり会うチャンスを失う事になります。

 

転職エージェントの場合は、登録すると担当のキャリアカウンセラーとのやり取りが必要となりますので、どこもかしこも登録すると対応に苦労する事になりますがリクルートエージェントは転職するなら外せない転職エージェントの1つです。すぐに転職する気のない人は慌てて登録する必要はありませんが、本格的に転職活動を進めており、まだ利用していない方はリクルートエージェントのご利用をおすすめします。