ノウハウが豊富な転職サイト

◎おすすめ!
リクナビNEXTのコンテンツは一目見た瞬間に専任のキャリーアドバイザーがつくことが分かったしスカウトや転職ののノウハウがあることがすぐに分かった。
転職のノウハウについては業種別に考え方や求めていることなどが書いてあるので見やすい。
私が一番気に入ったのは検索キーワードにランキングページがついているので今現在転職しようとしている人がどのような事に興味がありどのような人が転職しようと考えているか分かったことです。
[コメント] このランキングというのが意外に気になるんです。リクナビNEXT利用者がどの求人に興味を持っているのか分かります。でも、上位にランキングされているのは、比較的知名度の高い企業なので競争も激しいでしょう。ランキング上位の企業だからおすすめとは断言できませんが、チェックしてみてもいいかもしれませんね。

職種項目が細かく分けられているため、希望しているものにピンポイントで検索できると感じた。
一方で、サイトのホームの構成は情報量が多すぎるように思う。
また、字が細かく見づらさを感じた。
下部の関連サイトの欄は充実しており、これはリクルートの強みであると思う。
[コメント] リクナビNEXTのWEBサイトには求人だけでなく、転職ノウハウも色々掲載されています。情報量は他の転職サイトと比較してNo.1だと思います。よって、”ちょっと眺めて終わり”腰を据えて閲覧する方がいいかもしれませんね。

業種、勤務地、キーワードなどから検索できるので、企業を探す際にはよさそうだと感じました。
また、登録されている企業の数が多く、いろいろな企業について知ることができそうです。
転職成功ノウハウのページでは、さまざまなことについてのQ&Aが用意されており、親切だと思いました。
しかし、数が多いので比較から自分の欲しい情報を調べるのは大変そうです。
リンクが多くてどこのページを利用者に見てほしいのかが伝わりづらそうだと感じた。
[コメント] 転職サイトには求人の検索に特化しているところもたくさんあります。リクナビNEXTは求人の他、転職ノウハウやその他関連情報が掲載しています。
色々な情報を見付けたい人にとってはおすすめですが、求人さえ検索できれば良いと思っている方には使い勝手が悪いかもしれません。

リクナビNEXTを初めて見た印象としては見易いかなと感じました。
後は掲載されているものは多いですが営業に偏っている気がしました。
でも便利な情報が載っているのはいいなと思いました。
後は地方求人が少ないように感じました。
特に技術系は少ないなと感じました。
地方はその地方で掲載されているものを参考にした方が一番いいと感じました。
[コメント] 営業はどこの企業でも比率が高いので、必然的に求人も増えてしまいます。これは他の転職サイトを比較しても同様の傾向が見られると思います

◎おすすめ!
リクナビnextのコンテンツのひとつであるグッドポイント診断を利用してみた。
もちろん自分で認識している強みとなり得る部分も理解していると思っていたが、この診断を利用してみたところ理解していたポイント+これまで意識していなかった様な自分のアピールポイントを知る良いきっかけとなりました。
これらのアピールポイントを組み合わせたりすることで自分のアピールの幅を広げられる良いコンテンツだと感じました。
[コメント] 自分の事って分かっているようで分かってない事ありますよね。こういったツールを使う事で新しい発見があるかもしれません。自己PRに悩んでいる方や、志望企業を絞り切れていない方にはおすすめです。

◎おすすめ!
リクナビNEXTの求人情報を探すというページの中のキーワードから探すというコンテンツは自分が興味ある職種や企業の名前を入れれば簡単に検索できるシステムで非常に使い勝手がいいと思いました。
また、その検索するところの下にある「先週のキーワードランキング」では、自分以外のリクナビNENTを使っている人がどのような業種や企業を検索しているかなどの情報を得られるいい機会になると思いました。
ランキングされているページに飛んで興味を持つ可能性もあるので非常にいいシステムだと感じました。
[コメント] キーワードランキングは参考になると思いますよ。企業検索のヒントになるはずです。

新卒就職サイトと比較!
いつもリクナビを見ているので、NEXTもだいたい同じデザインで使いやすかったです。
転職サイトを見る人は、新卒で就活をしていた時にリクナビを使っている学生がほとんどだと思うので、統一感は大切だと思います。
その点ではとてもつかいやすいサイトだと思います。ためしに製薬と検索してみると、関連のあるものからあまりなさそうなものまでいろいろヒットしたのですが、リクナビと違って、社名や詳細情報よりも、企業の宣伝画像が大きく、どういう職種なのかよく分からず、すこし見づらいような気がしました。
ただ、それぞれのページにあるインタビュー記事はとても参考になっていいと思います。
[コメント] 転職を考えている人のほとんどは、新卒の就職活動時にリクナビを利用しています。あれだけリクナビを利用すれば転職でも当然リクナビNEXTに親近感を持ちます。
リクルートは上手にビジネス展開してますよね。

新卒就職サイトと比較!
転職はしたことがないですが、就活用のマイナビやリクナビのイメージで見やすいと感じました。
実際に検索してみると、写真が大きく掲載されていてそれらより更に分かりやすいのではないかな、と感じました。
転職する際に気にすることは、自分の強みを活かせることや自分のやりたいことを叶えることができる企業があるか、だと思うので、もし改善できるのではという点をあえてあげるのであれば、そこの検索をより強化していったら良いのではないかなと思いました。
ただ、全体的に見やすかったです。
[コメント] 「自分のやりたい事を叶えることができる企業であるか?」これが分かれば本当に素晴らしい・・・ですが、難しいですよね。
新卒でも転職でもミスマッチは必ず生じてしまいますので、短い選考期間ではありますが、聞くべきことは面接を通じて聞くべきですね。
企業に直接聞きにくい時は転職エージェントの利用が好ましいでしょう。

まず、リクナビNextは、登録してから、希望の職種検索機能は他転職サイトとの差別化がありません。
一旦、個人情報を登録すると、自分として望ましくない企業から、オファーが届きます。
例えば、建設業、金融業、などの営業職オファー。
転職サイドに対して、いかに早く、希望者の希望職種に応じて、該当する企業を探してくるかポイントとなります。
また、希望者に対して、沢山の企業の応募し、結果的にだめになるかもしれないが、そこで、応募者に対して、単なる結果を知らせるだけではなく、なぜ落選したのか?次の活動が成功できるように、専門的なスタッフから、応募者に対して、履歴書の修正、面接の内容、質問の回答など、アドバイスができればいいと思います。
[コメント] 落選の理由や応募書類の添削については、転職エージェントを利用する事で可能になります。リクルートならば、リクルートエージェントが該当します。