CMで好感度が高い転職サイト

自分は現在就職活動中であるため、リクナビといえばリクナビ2018を使用しています。そのため、リクナビの転職用であるリクナビNEXTを見る機会はなかったのですが、この機会を機に見てみました。感想としては、まず大泉洋さんを起用しており、テレビのCMや駅で見たことを思い出しました。あらゆる人の印象に残るということは大切なことであるため大切な要素の一つであると考えられます。内容は、あらゆる特集が用意してあるのでさまざな目的で利用できるのではないでしょうか。

求人数の多さは魅力的ですが、問題はその中身です。長く見ていると、毎週求人を出している企業や離職率の高い企業が多いこともすぐに分かります。そのため、実際に利用しようと思っても、本気で応募のできる企業はわずかという現象になってしまい、実際の転職に使うには不便なサイトと感じてしまう時が多々あります。
あと、Yahoo!にサービスが統合され非常に使いづらくなった。毎回ログインする際に2回もパスワードを入力しなくてはならない。システムを統合したんだからシングルサインオンにすべきでしょう。

大まかに言うと見やすく使いやすいと感じました。「リクナビ」は知名度も高いと思うしCMでもよく見るので、信頼も7つのサイトの中からだと真っ先に選ぶのは「リクナビ」になるかな。検索の仕方や求人数も多くて就活の時には頼りになりそうです。トピック?の数も多いので、まだまだ就活期に余裕がある方からいよいよという方まで楽しみながら利用できそうなイメージ。

サイトのレイアウトが見やすく、非常に使いやすいように感じられた下の部分の分野別のところではもっと大幅に分野別にし、自分で選べるようにしてくれた方が自分にとっては、もっと使いやすいように感じられた。というもの文字が小さく細々してるので、自分の好きな分野が見つけづらいというものがあったのでそこの部分に改善が見られともっと興味深いものになると思う。自分的には、海外の転職に関して簡単に発見できるようになってるのでありがたいと思った。

転職サイトで最も重要な求人検索ページで、トップ画面から検索できるようになっています。職種や勤務地、自分の経験やキーワード検索など、色々な検索が出来ます。また、求職者が求人を探す以外に、企業の担当者や他の転職エージェントがサイトの登録情報を見て、スカウト(メールでアプローチがくる)を行うことができます。

まず、登録するとメールマガジンが頻繁に送られてくるのだが、頻度的に読む余裕がないために未読メールが溜まる。埼玉県を希望エリアとして探しているが、詳細な地域設定ができないために希望しないエリアのあっせんが多く寄せられてくる。結果としてあまり有用な情報ではなく、エリアを狭めて探すのであればINDEEDあたりをまめにチェックし、メールアドレスを設定すればそちらの方が十分以上役に立つ。INDEEDに関して言えば、ハローワーク情報がそのまま流れてくるので地元情報には本当に強いと思う。

まず企業検索の画面と検索語の画面に大きな差があり、パッと見てどこに何が書いてあるのかがわかりづらい。検索能力は非常に高いと思われる。また、サポート機能がとても充実している。しかし、画面上の情報量が非常に多いため、見ているだけで疲れてしまいそうになる。もっと必要な情報をわかりやすく伝える努力が必要なのではないだろうか。転職成功ノウハウでは、参考になる例がいくつも掲載されており、特に面接対策の欄では想定した質問に対しての模範解答が記載されている。

とにかく自分でいろんな求人を探して自分にあった仕事を選びたい人は転職サイトをつかう。自分のペースで転職活動をしたい人は転職サイトのリクナビネクストなどが一番最適。
転職するためにどれぐらいの件数の求人に応募すれば良いのか。目安がわかるとモチベーションがアップしますよね。転職の成功がわかれば俄然やる気が出ます。リクナビNEXTですぐに転職できる可能性が高いのは企業からのスカウトメールを貰うことです。

今週の新着から、次に特集ごとに企業が分かられる、わかりやすい構造になっている。一人一人の就職活動の軸に合うように特集が組まれていてとても魅力的。
実際に企業を見つけた後も、お気に入りリストに入れることができたり、向こうとのやりとりができるようになっていて、活動を、楽にする工夫がある。

リクナビの方では現在就職活動に利用していて掲載している会社も多く、活用させて頂いてます。大泉洋さんのCMで馴染みがあり、求職者の8割が利用している程、とても有名な転職サイトだと思います。転職支援サービスやグッドポイント診断など様々なサービスがあり、転職活動に非常に役立つと思いました。私が新卒採用でリクナビを利用しているように転職を考えている方にとってはリクナビNEXTは頼れるサイトであると思います。

リクナビNEXTの内容は,新卒向けのリクナビの内容では,初任給についてしか記載されていないが,リクナビNEXTでは,ある年齢での年収や月収について記載されているため将来に向けたイメージをつけやすいと感じました.また,将来の転職を考えた際に,必要な実務経験等について記載されているため,自分の将来を考えて業種,職種のついて選択のする判断材料にできると感じた.