性別 男性 年齢 27 現職 半導体業界 志望 半導体業界

 

 

評判・口コミ

1回目は初めての転職時で一からいろんな事を教わり面接日の前後には電話やメールで連絡を貰い、アドバイスや面接先の企業へのアピールをフォローしてもらいました。2回目は全くの逆でアドバイスなどは一切無し。面談のときも上から目線&たまにタメ口。
何もかもが放置状態で新しい求人情報も出さない。こちらが連絡しても取り合わない、メールで質問しても2,3日後にしか応答が無い上、勘違いな答えをしてくるといったことばかりが続いているのでかなりストレスを感じます。CAのアタリハズレがかなりあるので、もしCAチェンジが出来るのであれば今すぐにでもしたい。
転職支援の大手と言っても、あまり期待はせずに複数の転職支援サイトに登録と、直接応募の転職サイトで自分で求人を見つけるのが一番いいかと思います。

上から目線のキャリアアドバイザー

上から目線で何が悪いのか?というのが私の感想。キャリアアドバイザーから見ると、その程度の人材に見えたんでしょう。それは仕方がありません。それに、キャリアアドバイザーが上から目線だからといって非難する事は、キャリアアドバイザーを下に見ているように思えます。

確かにリクルートエージェントのキャリアアドバイザーの質はバラツキがあるようにも思いますが、転職支援を受ける求職者にも問題がある事も多いように感じます。自分が転職エージェントにとって魅力的な人材と判断されるようにPR出来れば、それほど変な対応はされないはずです。

どうでも良い対応をされているという事は、どうでも良い人材と思われているという事です。その事はしっかり自覚して、転職エージェントを利用する方が好ましいと思います。やや視点を変えて考えてみましょう。

あなたはキャリアアドバイザーです。企業に紹介しにくく、態度が悪い求職者と面談したとします。あなたはその求職者の事をどのように思いますか?積極的に支援したいと思いますか?別にその求職者を支援しなてくも、人材は次から次への登録してきます。企業に紹介出来る人材はわんさかいます・・・という事です。

こう考えると、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーの対応にバラツキがあるのもよく理解できます。