性別 男性 年齢 23 現職 小売業 志望 商社

 

 

評判・口コミ

情報量の多さからリクルートエージェントを利用させていただいております。
登録後はまず面談を行い、その人物の適正や人柄をチェック。
その情報を基に企業情報や説明会の案内等を流してもらいます。
感じたことは、求職者の活動内容によって情報の入り方が違うということ。
例えばログイン回数が少なければ回ってくる求人情報は少なくなり、逆に資格を取得していたり前向きに転職活動を考えている人にとっては、回ってくる求人も多く、活用しやすいのでは、と思います。
私は語学を使った仕事をしたいと考えていたのですが、その旨記載したら、外資系の案内も来たため、利用しやすいと感じています。
一方で、情報提供を行いすぎている為、転職者本来がやらなければならない、自分で考えて行動を起こす事が少なくなっているのではないかと感じました。

 

情報を自分なりに分析する事が大切

リクルートエージェントからの情報は非常に多いかもしれませんが、自分で考えなくてはなりません。入手した情報をよく考えて、自分がしたい仕事は何なのか?この会社で今後のキャリアUPになるのか?等、色々とイメージして、最終的に転職する企業を選択すべきです。

”自分で考えない”=”リクルートエージェントの言いなり”とも言えます。転職エージェントからすると、良い登録者となるかもしれませんが、人生のかかった転職です。自分で考えて行動を起こせなくなるという発想は大きな間違いですね。

これは、転職活動に限った事ではありませんが、他人に決断を委ねてはいけません。参考にしたとしても、最終的には自分の価値観で決定するようにしましょう。転職エージェントは頼りになって、判断は間違わないと錯覚するかもしれませんが、他人がおすすめする企業があなたにとって良い企業とは限りません。

転職後に後悔しても、転職エージェントは責任を取りません。またすぐに転職する事も簡単ではありません。キャリアが傷つきます。依存するのではなく、利用してやる!という気持ちが大切です。

リクルートエージェント(公式サイト)