自己PRが重要な理由

就職活動において、自己PRは様々な場面で必要となります。書類選考もそうですが、面接では自己PRの良し悪しで結果に大きく影響します。ここでは、自己PRが重要と言われるその理由について紹介していきます。

 

自己PRは全ての学生が力を入れるPR文

自己PRはあらゆる場面で必要となるため、全ての学生は自己PRを重点的に練り直します。全ての学生が力を入れるPR文ですので、自己PRが劣っていると、他の学生に劣っているような印象を与えてしまいます。要するに、あなた自身を凝縮したのが自己PRとなります。

 

面接の一番初めに自己PRを発表します。ほとんど例外がないといっても過言ではありません。つまり、面接官のあなたへのイメージは、自己PR発表時で概ね決定します。自己PRが良ければ面接官はあなたに興味を持つでしょう。一方、自己PRが悪ければあなたに興味は持たず、そんな雰囲気が漂う中、面接が進行します。挽回するのは大変です。実際に集団面接では他の学生の自己PRを聞くとおよそのレベルが分かります。自己PRの上手な学生には関連の質問が多く、採用担当者が興味を持っている事がよくわかるものです。

 

何度も繰り返すように、面接で自己PRを発表しない事はあまりありません(最終面接では省略される場合もありますが)。面接官は嫌となるほど学生の自己PRを聞いてますので、発表の様子を観察する事で、どの程度のコミュニケーションスキルがあるかを判断できます。

 

他にも色々あるかもしれませんが、内定を獲得するためには、納得のできる自己PRを完成させる事は必須です。文章を作成したとしても、棒読みでは面接は突破できません。感情を込めた話し方でなければ面接官には届きませんので、面接独特の雰囲気でも発表ができるように訓練を重ねましょう。