集団面接のおすすめ攻略法

単に面接って言っても、色んな面接があります。ここでは、集団面接について紹介します。

 

集団面接の特徴

  • 1次面接は集団面接がほとんどです。
  • 集団面接は面接官(複数の場合もあり) 対 学生複数(3~5人)になります。
  • 同組の学生次第で自分が良くも、悪くも見えるといった運次第のところもあります。 例えば、同組に同じ学部で高学歴の学生がいれば、その学生に質問が集中するといったこともあります。
  • 周囲の目や視線を気にされる方にとってそのプレッシャーは想像以上(私もそうでした・・・)。
  • 発表する順番は基本的には端の人から。企業によっては、挙手した順で発表。

 

集団面接のポイント

  • 発表時間に注意。
  • PRする際面接官から時間指定があると思いますので、自分だけが長すぎたり、短すぎたりならないように注意しましょう。時間指定がない場合は、1分ぐらいでまとめるのが無難でしょう。

  • 他の学生が話している時も気を抜いたらダメ。
  • 他の学生の話を聞き、軽く頷いたりするのがいいでしょう。表情をチェックされているという話も聞きますので注意しましょう。

  • 発表の順番が決まっていない場合は、一番に挙手して発表。
  • 積極性のPRにもなるし、他の学生と意見がかぶる心配もない。その際は大きな声で「はい」と言いましょう。挙手のタイミングが一緒だった場合、声の大きい方が先になる場合が多い。

  • 自分の実力を出し切るのは他の学生よりも経験を重ねる事。
  • 集団面接を複数回経験している学生と、初めての学生とでは圧倒的な差が出ます。 通常、初めて経験する学生は場の雰囲気にのまれます。 反対に経験を踏んでいれば、他の学生を圧倒できます。 よって、早い時期に選考が行われる業界は、志望順位が低くても受けておく方が好ましいですね。 雰囲気に慣れる事を目標にエントリーしておきましょう。

 

他の学生と回答が一緒の場合

自己PR、志望動機が他の学生とかぶってしまう事はあまりありませんが、不意にされる質問・・・例えば最近気になるニュースとか、こういった場合、自分が言おうと思った回答を他の学生が言ってしまう場合があります。そんな時はどうしましょう?この問題の回答は就職サイトによって異なるのですが、結局は・・・

  • もっといい回答ができそうならば変更。
  • 頭が真っ白になってしまったら、他の学生と同じ回答をする。

しかないと思います。ただ、他の学生と同じ回答であっても、自分の考えを少し付け加えることで、全く異なった印象となりすので、その辺を意識してみるといいでしょう。