転職活動では職務経歴書が必須となります。新卒の就職活動では必要のなかった応募書類なので戸惑う方も多いと思います。ここでは、職務経歴書の見本や書き方を紹介している転職サイト、添削サービスがおすすめの転職エージェントを紹介します。

 

職務経歴書作成に参考になる転職サイト

転職サイトには求人以外にも転職ノウハウが紹介されているものが複数あります。ここでは職務経歴書の作成の参考になる転職サイトを紹介します。

 

リクナビNEXTには約70種の職務経歴書の見本が掲載

転職者の8割が利用する定番サイト。独占求人多数!

全ての転職者におすすめの転職サイト!リクナビNEXT

 

 

リクナビNEXTは求人以外にも転職ノウハウが豊富な転職サイトです。中でも職務経歴書の書き方には力を入れており、70種もの職務経歴書サンプルが閲覧できます。掲載内容としては、次のようなものが挙げられますが、これだけ色々な事例があれば自分に合った職務経歴書を見付ける事ができるでしょう。

  • はじめての「英文レジュメ」基礎講座
  • 全68職種 サンプル オススメ!
  • 人事に「会いたい!」と思わせる職務経歴欄の書き方
  • はじめての応募レジュメ書き方道場
  • 編年体式とキャリア式の記入例
  • 年収700万円の職務経歴書からノウハウを学ぶ
  • ワザあり職務経歴書大公開
  • イマドキの応募書類テクニック
  • 弱点のある職務経歴の書き方
  • アピールが足りないレジュメの場合
  • 上手に整理できていないレジュメの場合
  • 経歴が浅く、書けることが少ない場合
  • 英語中国語レジュメの書き方

 

 

@typeには約50種の職務経歴書が掲載中

自己分析ツール、転職ノウハウが豊富

検索方法が斬新でおすすめ!@type

 

自己分析でおすすめの@typeですが、職務経歴書の書き方等の転職ノウハウも豊富です。職務経歴書50選では職務経歴書の各項目のチェックポイントなどを確認できます。営業、企画、ソフト、ハード、クリエイティブ、コンサル、化学に分類されています。他に自己PRの書き方等もあります。

 

はたらいくは転職初心者向けの職務経歴書アドバイスが魅力

20代・第二新卒の求人、地方の求人が多い!

20代・第二新卒におすすめの転職サイト!はたらいくの特徴を比較

 

キャリアの浅いケースも想定した職務経歴書の見本が掲載。新人社員研修に着目した書き方の紹介もあり。営業系、事務・企画系、サービス・販売系、IT・エンジニア系、物流系、医療系、技術系等で分類されてます。

 

また、「ひとつの会社に勤務」、「初めて転職する人」、「派遣社員等による期間雇用が多い人」、「アルバイトやパートの経験が多い人」、「前の会社を退職後しばらく無職だった人」、「書く事が少ない時」のように、職務経歴書作成にちょっと困ってしまいそうな転職者に対する具体的な改善事例もあり、転職者視点のノウハウが充実しています。

 

職務経歴書の見本・書き方が掲載されている転職エージェントを比較

職務経歴書は転職エージェントとの面談の際に必要となります。転職エージェントに認められないと良い企業を紹介されないケースもありますので、ある程度は完成度の高い職務経歴書を用意しておく方が好ましいでしょう。添削もお願いする事もできますが、がっつり添削というよりも、部分的なアドバイスが多いと思います。添削を期待して、登録時に質の低い職務経歴書にならないように注意しましょう。

 

作成支援もあるリクルートエージェント

求人数No.1、実績No.1、転職するならとりあえず登録がおすすめ!
登録拠点:東京・北海道・宮城・栃木・埼玉・千葉・横浜・静岡・名古屋・大阪・京都・神戸・岡山・広島・福岡

求人数を重視する方におすすめ!転職実績No.1のリクルートエージェントの特徴を比較

約80種の職務経歴書見本

様々な業種・職種の職務経歴書の見本が用意されています。第二新卒用の職務経歴書もありますので、キャリアの浅い方はも参考になります。職務経歴書作成支援ツールのレジュメnaviもあります。見本はありますが、書き方の説明はあまりありません。職務経歴書見本のリンク→リクルートエージェントの職務経歴書

 

見本が豊富なDODA

求人数No.2!リクルートエージェントに次ぐ規模。求人数重視の方におすすめ!
登録拠点:東京・北海道・宮城・横浜・静岡・名古屋・大阪・京都・神戸・広島・福岡

さらに応募の機会を増やしたい人におすすめ!DODAの特徴を比較

 

100種以上の職務経歴書見本

リクルートエージェント越えの100種類以上の職務経歴書が掲載されています。第二新卒等の職務経歴書も用意されています。職務経歴書見本のリンク→DODAの職務経歴書

 

添削サービスが魅力的な転職エージェント

職務経歴書は履歴書と並んで、転職活動に欠かすことのできない書類です。この職務経歴書の完成度によって、面接にすすめるかどうかが決まります。ですが履歴書と違い、フォーマットから決まりはなく、内容も自由ですので、どう書いていいか悩む方はたくさんいるでしょう。

 

そこでぜひ活用してほしいのが転職エージェントの職務経歴書添削です。転職エージェントのアドバイザーは日々いくつもの書類選考を見ているプロですから、客観的な視点であなたの職務経歴書のブラッシュアップをサポートしてくれます。

 

ではどんな転職エージェントに相談すれば適切なアドバイスをもらえるのでしょうか?どのエージェントでもチェックはしてくれるはずですが、一通り見て終わりのところもあれば、じっくりと時間をかけて細かな修正をしてくれるところもあります。

 

効率重視のエージェントや1人のアドバイザーが多くの求職者を担当するエージェントはカウンセリングに時間をかけないことが多いので、丁寧なカウンセリングを売りにした転職エージェントに相談する方がいいでしょう。

 

期待値の高いのはtype転職エージェント

おすすめは親身になって相談に乗ってくれると評判のtype転職エージェントです。

 

関東エリア限定のエージェントですが、一人ひとりに時間をかけて手厚いカウンセリングをしてくれます。もちろん履歴書や職務経歴書の添削も丁寧に対応してもらえます。関東での転職を考えている方にはぜひ登録をおすすめします。

 

添削後、書類通過率も良い

こんな口コミが確認されています。

職務経歴書の修正アドバイスが参考になったし、アドバイザーに相談したことで転職の方向性が明確化しました。今のところ、書類通過率もすごく良いので満足しています。

 

ある程度はしっかり完成しておかないと、添削も期待できないでしょう。まずは本人が自分なりに職務経歴書を作成してみることが大切です。それがあって初めてアドバイザーは有益なアドバイスができるので、覚えておきましょう。

 

転職活動全般に言えることですが、何事も主体的に取り組むことが大切。しっかりと自己分析して作成した職務経歴書を添削してもらいましょう。その上で、自分ではわからないプロの視点で添削をしてもらえば、書類の通過率もグンと上がるはずです。

 

他の転職エージェントよりも添削力がある

他の転職エージェントでは問題ないと言われても、丁寧な転職エージェントならさらに魅力的な内容にする事が可能になります。以下、参考になる口コミです。

他の転職エージェントでは、作成した職務経歴書に問題はないと言われて特にアドバイスなどはなかったのですが、type転職エージェントでは、これまで指摘されなかった職務経歴書の記載方法について細かく指導してくれました。このサポート力にとても安心感がもてました。

 

どこの転職エージェントでも、適当なキャリアアドバイザーは一定数いるように思います。転職させやすい人材のみを優遇するケースもあるでしょうし、本当に能力がないだけかもしれません。

 

特に初めての転職の場合、職務経歴書は馴染みがなく、どのように作成すれば良いのかが分からないと思います。見当違いな事を書いてたら、書類選考させ通らない事態になりかねませんので、丁寧な転職エージェントを選択する必要があります。


丁寧な転職エージェントは、一定数いると推測される適当なキャリアアドバイザーと遭遇する可能性も低くなるかと思います。typeの転職エージェントは、求人情報を丁寧に伝え、雇用のミスマッチをなくそうとする努力や、転職者視点のアドバイスを行おうと努力をしています。転職に不安を感じたら一度利用してみて下さい。

 

面談前に職務経歴書にきっちり目を通してもらえる

type転職エージェントは1人と1人と向き合う対応を心がけています。しっかり向き合うためには事前に求職者の応募書類にしっかり目を通しているか?も大切です。以下、口コミの1つとなります。

前回の転職時もこちらを利用したのですが、今回も非常に優秀なアドバイザーの方に担当していただき、面談の時点ですでに満足度が高かったという印象。職務経歴をきちんと読んでもらえる人材紹介会社は意外と少ない。他の会社にも登録したが、圧倒的な対応レベルの差を感じた。

 

転職活動において、職務経歴書はとても重要なものです。丁寧に確認しなければ、その人に合った求人を紹介することは難しいですし、きちんとした書類の添削もできません。

 

キャリアアドバイザーにとって、職務経歴書を確認することは基本中の基本のはずですが、表面的にしかチェックしない転職エージェントがあるのも事実。業界や職種だけを見て、たくさんの求人を紹介してくるけれど、どれもイマイチ自分とはマッチしないと感じることも多いようです。

 

もちろん、紹介求人の数が豊富であれば、いい求人に出会いやすくなるかもしれませんが、ただ数が多ければいいわけではありませんよね。その点、丁寧な対応が評判のtype転職エージェントであれば、一人ひとりの履歴書・職務経歴書をしっかりと確認し、親身になってカウンセリングをしてくれますので、あなたの希望に合った求人を紹介してくれます。

 

他の転職エージェントと比較すると、全国展開していないこともあり、取り扱っている求人数はやや少ないのですが、その分きめ細かなサポートで満足度の高い求人にめぐり会うことができるのです。

 

職務経歴書のレベルUPには転職エージェントは最適

「次々と求人を紹介されただけで、ピンとくるものはほとんどなく、アドバイスももらえなかった。転職エージェントなんて使えない」とエージェントの利用をやめてしまった人の声も時々聞きますが、そんな方は丁寧な対応の転職エージェントを利用しましょう。

※会社名クリックで公式サイトに移動します。

親身・丁寧?事務的?転職エージェントの転職支援の傾向を比較

type転職エージェント アイデムスマートエージェント JACリクルートメント リクルートエージェント Spring転職エージェント DODA マイナビエージェント パソナキャリア ハタラクティブ

あなたの経歴と希望を丁寧に確認しながら、あなたにぴったりの求人を紹介してくれるはずです。また、いろいろな角度からあなたのキャリアを検討してくれるので、本人も気づかない、新しい可能性のある求人を紹介してくれることもあります。

 

二人三脚で一緒になって転職活動をすすめてくれる、そんな心強い味方になってくれるでしょう。効率優先のエージェントに疲れてしまった。そんな方はぜひtype転職エージェントに登録してみてください。

 

職務経歴書作成のテクニック

最後に私なりの職務経歴書の書き方のコツを紹介します。参考にして下さい。

 

  • フォーマットが自由なので、センスが問われるよ。見た瞬間に読む気がしないのは×です。
  • 過剰表現はOK!営業さんだったらちょっとぐらい盛ってもばれないですよ。完全な嘘はやめておこうね。
  • 初めて職務経歴書を作成する人は、まずは転職サイトのサンプルを真似しちゃいましょう。そこから自分なりに修正していくのが手っ取り早くて、そこそこの内容に仕上げる近道です。
  • ある程度完成したら人材紹介会社に登録して添削してもらうのが良いと思います。添削のためだけの利用でもOKかと・・・。

 

詳細は『職務経歴書の書き方・見本』をご覧下さい。実際に私が書いた職務経歴書を見本にして解説しています。