転職活動で気になるのはやはりどんな求人があるのか?ですよね。求人数が多ければそれだけ理想の企業にめぐり会える可能性が高まります。

 

全ての転職求人サイトに登録してしまえば確実ですがそれも大変なので・・・ここでは求人の多いおすすめの転職求人サイトを比較していきたいと思います。

 

リクナビNEXTの求人数を比較

転職者の8割が利用する定番サイト。独占求人多数!
全ての転職者におすすめの転職サイト!リクナビNEXT

リクナビNEXTは実質求人数はNo.1のおすすめ転職サイト

リクナビNEXTの求人数は約10,000件です(正社員の求人として)。リクルートは転職者の特徴に合わせて、複数の転職サイトを保有しています。
女性専用は「とらばーゆ」
地域密着型は「はたらいく」
求人が分散していてもこの求人数なのでさすがリクルートといったところでしょうか。独占求人が約87%なので、ほとんどがリクナビNEXTに登録しないと出会えない求人というわけです。転職するならリクナビNEXTは絶対に外せない転職サイトと言って過言ではありません。

 

リクナビNEXTは豊富な求人数以外にも、転職に関するQ&A、ノウハウ等のコンテンツが豊富です。全転職サイトを比較しても、リクナビNEXTほど、コンテンツが充実した転職サイトは見付かりません。転職を考え出したら一度チェックしておく方が良いでしょう。

 

ビズリーチの求人数を比較

高待遇案件が豊富。ワンランクUPの転職活動!

年収UPにおすすめの転職サイト!ビズリーチの特徴を比較

年収500万円以上の方がベストマッチの転職サイト

ビズリーチは転職エージェントのような転職サイトです。ヘッドハンターが保有している求人も含めて約64,000件です。

 

とりあえず登録しておけば、自分にマッチしたスカウトが届きます。高待遇の案件が多く、マッチすれば飛躍的にステップアップできる可能性を秘めています。

 

ビズリーチはヘッドハンターを通じて企業へ応募する事も多くなります。ビズリーチの審査をクリアしているとは言え、全てのヘッドハンターが有能なはずがありません。

 

中に無能な人材がいると思っておいた方が良いでしょう。どこの転職サイト、転職エージェントでも言える事ですが、自分の目で見極める事が大切です。

 

ただし、転職エージェントと違い、自身で求人を確認でき、応募の意志を示す事ができますし、ヘッドハンターの情報も掲載されています。

 

「自分で選ぶことができる」のは、他の転職エージェントと異なり、ビズリーチの良いところだと思います。

DODAの求人数を比較

公開求人は直接応募もできる転職エージェント
登録拠点:東京・北海道・宮城・横浜・静岡・名古屋・大阪・京都・神戸・広島・福岡 さらに応募の機会を増やしたい人におすすめ!DODAの特徴を比較

求人数は約120,000件となります。一見多いように見えますが・・・DODAは転職エージェント(人材紹介会社)であり、その公開求人は直接応募できるシステムとなっています。

 

他の人材系企業は、人材紹介対象の求人と直接応募の求人を分離しておりますが、DODAは一緒になっているのでちょっと多く見えるというわけです。

 

同様の考え方をした場合は、リクナビNEXT+リクルートエージェントが求人数No.1となります。

 

とは言え、それでもDODAのみで保有している求人数としては非常に多く、応募の可能性を高めたい場合には魅力的な転職サイト(転職エージェント)と言えます。

 

転職サイトの求人数まとめ

ビズリーチは複数のヘッドハンターの求人数を掲載しておりますのでNo.1かどうかはちょっと微妙。

 

DODAが一番多いように見えますが、リクルートは特徴ごとに転職サイトを分けていますので求人数は減って当然。

 

ということで、やはり複数の転職サイトに登録しておく方が安心って事です。

 

リクナビNEXTは外せないと思いますので、リクナビNEXT中心にその他転職サイトを利用するのが好ましいと思います。

 

ご自身が興味のある仕事があるのか?求める雇用形態の求人があるのか?といった事を見極めましょう。

 

転職エージェントの求人数を比較

転職エージェント(人材紹介会社)の求人は公開求人と非公開求人があります。公開求人はWEBページで確認できますが、非公開求人は転職エージェント(人材紹介会社)に登録する事で応募可能となる求人です。

 

また、非公開求人の割合が非常に多くその比率は80%程度が一般的です。この非公開求人には各転職エージェント(人材紹介会社)のみが保有している独占的な求人も含まれます。

 

つまり、より多くの転職エージェント(人材紹介会社)に登録する事で、他の転職希望者が出会えない求人に応募できる可能性が高まるという事になります。

 

ただ・・・非公開求人ってホントにそれだけあるの?っていつも思います。

 

それだけあったとしても自分の志望する業種・職種に関係なかったら意味ないし・・・ という事で、転職エージェント(人材紹介会社)を利用する場合はサービスの質にもこだわるのがいい と考えます。求人数だけに焦点を当てた場合、

 

 

がおすすめです。

 

公開求人は大きな差はありませんが、非公開求人を比較すると リクルートエージェントが圧倒的な求人数 となります。

 

さすがリクルートといったところでしょうか。リクルートエージェントとリクナビNEXTは同じリクルートの運営ですが、それぞれのグループが別ルートで求人を探しています。

 

中には同じ求人も含まれますが、異なる求人の方が多いので別々の転職サイトとして取り扱いましょう。

 

DODAはパーソナルキャリア(旧インテリジェンス)が運営する転職エージェント(人材紹介会社)です。

 

パーソナルキャリア(旧インテリジェンス)もリクルート同様に幅広く人材ビジネスを繰り広げる大手企業で、他の人材系企業と比較すると求人数は豊富です。

 

公開求人は人材紹介サービスに登録しなくても応募可能となっておりますが、このシステムはDODAのみが適用しており、リクルートエージェントやその他人材紹介会社では、公開求人の応募であろうと人材紹介サービスへの登録が必須となっております。