自己分析とは

自己分析とは自分はどんな人間かを考えること。就職活動の一番始めにすることで、今後の就職活動の進め方を決定する重要な作業となります。自己分析の方法は、

  • 自分の長所は?
  • 自分の短所は?
  • どんな考え方をしている?

 

などを、過去の経験を思い出し、自分は何かを選ぶ時どんな風に決めたかなどを参考に考えると良いと思います。

 

本格的な自己分析の前に職業観を考えよう

「あなたにとって仕事とは?」こんな質問を自問自答したことってありますか?同じような考えを大学進学の時も考えたとは思いますが、これを考えるのは非常に大切なことです。就職活動に対しての意識も高めることもできると思います。自己分析は「あなたにとって仕事とは?」「なぜ就職するの?」から始まります。

 

これは「職業観」という言葉に置き換える事もでき、面接でも聞かれる事があります。ただ単にみんながするから・・・そんなんじゃ寂しいですよ。この就職活動で決まった企業に一生勤めるか、転職するかはわかりません。ただ、あなたにとって大きな人生の分かれ道です。

 

職業観の考え方

なぜ就職するの?つまり、あなたにとって働くという事は?という事です。あまり聞きなれない言葉ですがこれを職業観と言います。

 

学生の頃の職業観は、歳を重ねる毎に変わっていきます。社会人が、学生の希望に溢れた職業観を聞くと、「それを達成できれば素晴らしいよね」といった、やや冷ややかな感覚と、そういった事を言えなくなった自分を寂しく思う人も少なくないと思います。ある程度考えが成熟し、さらに家庭を持つと、どうしても収入の確保が第一優先となってしまいます。

 

「家族を守るために働く」という事も立派な職業観です。誰しも、収入の確保というのは、働く目的の1つに含まれます。ただし、就職活動における、「職業観は?」という問いに対しては、ひとまず、「お金を稼ぐ」、「生活をするため」というのは置いておいて、その次の目的・・・つまり、仕事をする事で充実感を感じる事は何か?何を成し遂げたいのか?という事を考えていく必要があります。

 

これを明確にする事で、どういった仕事をしたいのか?が明確になり、応募する企業も少しずつ決まっていきます。これを適当にしておくと、入社しても「何か違う・・・」となって、すぐに転職する事になります。

 

自己分析の方法-あなたはどんな人

それでは具体的例を見ながら自己分析の方法を解説します。例えば大学進学の際、クラブ活動を決める際など、どのような考えで決断したでしょうか?

 

例1.教授の長い話から逃げたい時どうします?

①あきらめて、最後まで話を聞く。
②なんとか脱する。
③簡潔に済ませてくれるようにお願いする。

 

答えが①の人
根気強く、何事も最後までやり通せる。

 

答えが②の人
どんな状況でも最良の方法を考え機転を利かせることができる。

 

答えが ③の人
自分の意見をはっきり主張することができる。

 

というような解釈することができます。ちょっと無理矢理な気もしますが。まあ物は考えようってことで。

 

分かっていただけるでしょうか?なにかを選択するとき、特に大きな決断をするときにはあなたの個性が現れます。そういった経験をできるだけ多く思い出せば、自分が分かってくるはずですよ。

 

 自己分析の方法-将来したい事

次に、自分は将来どんなことをしたいのかも考えなければいけません。食品?化学?薬品?営業?製造?管理?…。これも難しいですが、自分の優先順位を考えて決めていきましょう。

  1. あなたが大学で学んだことを優先させる。
  2. 大学で学んだことは関係ない!とにかくしたいことを追い続ける!
  3. とにかく内定を取り易い職業を選択する。
  4. 自分の性格で決める
  5. その他

 

企業選択基準は人それぞれです。自分が譲れない部分、また、妥協できる部分を考え、就職活動を進めていきましょう。志望業界、志望職種は始めはしぼらなくてもいいと思うけれど、早く決めるほど企業研究も集中してできて良いと思いますよ。

 

この自己分析は非常に大事なので、就職課のガイダンス、色々な就職サイト、本等で自分なりに調べ てみましょう。就職活動では情報が非常に大事です。周囲よりも多くの情報を手にいれ、自分で整理して有効に利用しましょう。

 

ポイント

私は当時、大学の専攻が食品会社に有利だと思ったため食品を優先させてしまいました。就職難という現状で決まりやすい方へ自然となびいてしまったようです。したくない仕事をするというのは苦痛です。でも給料を貰っている限りは手は抜けません。

 

自分で「これがしたいっ」ということを見つけ、それに向かってがんばってみるべきです。だから②を一番に考えるのが好ましいと思います。当然といえば当然ですが、当時は気付けませんでした。

 

新卒時ってポテンシャルを重視されるので、大学の学部が関係なくても内定もらえることが多々あります。もちろん医師とかそんな専門職は別ですが・・・・。この辺りは以下の項目で詳細を解説します。

 

自己分析の方法-手順

自己分析の方法について、もう少し詳しく紹介していきたいと思います。 これは自己PRの書き方でも紹介しておりますが、改めてここでも紹介します。

 

ステップ1

今までの人生で成し遂げた事をピックアップして下さい。 大学より前の事は自己PR等の話には使えませんが、自分を知るためには参考になります。 例えば、高校の時のクラブ活動の話、一人旅をした話、友人とけんかした話・・・など。

 

ステップ2

ステップ1で成し遂げた時の感想、気持ちを付け加えていって下さい。

 

ステップ3

ステップ2で大きな感情が芽生えたエピソードなら成し遂げた時の過程を覚えているはずです。それらを付け加えていきましょう。どのような行動を取ったかも大事です。そのように書いていくことで自分の行動パターンが分かります。また、自分の短所を見ないようにしていても、順番に書いていく事で現実を見つめる事ができるようになります。就職活動では短所を把握しておくことも重要です。

 

ステップ4

エピソードを年代別に並べていきます。そうすると、自分はどのような行動をしてきたか? また、どういった時に気持ちが大きく動いているか分かってくるはずです。
以上のようにまとめていく事で自分が分かる上、さらに自己PR等の作成にも役立ちます。

 

まとめ
自己PRを作成するためもはこの作業は重要です。 しっかりと自分と向かい合う事ができた人ほど、充実した自己PRを作成できるでしょう。

 

自己分析のアドバイス

以下紹介する内容は私が実際社会人である程度経験を積んだからこそ言えることです。新卒の方にこの考えは分かりにくいかもしれませんが、参考にしてもらえたら幸いです。

 

私的には就職活動をしている学生には3つのタイプがあると思っています。

  1. 断固とした目標を持ち、特定の企業を狙う方。
  2. だいたいの目標が分かっており幅広く活動を行なう方。
  3. したい事があるけど・・・現状の自分では無理だし・・・。 でも、就職できるとこに就職しないとまずいよなぁって思ってる方。

 

このページは"3"の方へのメッセージです。

 

なぜ自己分析をするのか?

マニュアル本によく書いてるのは、

「自己分析をすることで、自分を知ることができ、適職を見つけることができる。そして、履歴書、面接でも自分をうまく表現できるようになる」

 

ってな事でしょうか?まぁ・・・確かにそうなんですけど・・・本当の自分を知ることはすごく大切。それで見えてくることもたくさんあるでしょう。ただ、見えなくていい事も見えちゃうこともあるんですよね。そして、限りない可能性を狭めてしまう人がいっぱいいます。

 

新卒って本当にいろんな可能性があるんですよね。自己分析によって現実の自分を知り、「無理だわぁ」ってあきらめてしまう必要なんてないと思うんです。要するに自己分析で本当にしたい仕事を見つけて、現在の自分の能力を把握する。そして、目標を達成するためには何をするべきかを考えるのがいいんじゃないかなぁ?こう言うには理由がいくつかありまして・・・

  1. 新卒はポテンシャル重視なんで、仮に現在の力が全然なくても採用される可能性が高い。
  2. ホントにしたい仕事があるんだったら、それに向かってがんばった方がいいんじゃない?後から後悔すると思うから。なんてったって若いから、方向転換も可能。

 

ただ、これはホントにしたい仕事があってこれしかないっていうのが決まっている方しか当てはまりませんよね。ほとんどの方は何がしたいんかなぁ?って悩んでますからね。補足説明を入れますと・・・

”1”はこんな会社は無理ってあきらめるんじゃなくて、とりあえず受けてみたらってこと!
”2”は文型の方が医薬品開発なんてやっぱりできませんし、「看護師になりたい」って言っても国家資格がなかったらなれませんよね。でも、どうしてもしたいって言うんだったら、違う大学に編入するっていう方法もあります。ただ、お金もかかりますし、かなりの覚悟が必要(お金は奨学金制度もありますし、何とかなります)。大学じゃなくても専門学校とかもありますよね。若いからまだまだやり直せるのです。

 

私の仕事は「これしかないっ」という考えをお持ちの方でしたら、それにこだわるのもいいんじゃないかなぁって思います。ただ中途半端な気持ちでその道に進み、結局無理だった場合は、どうなるか分かりません。そのへんは覚悟しておくことは必要だと思いますよ。