JACリクルートメントの評判・特徴を比較

高年収・年収UPにおすす!外資系にも強い!JACリクルートメント
評価:4.0 /5.0 点|口コミ投稿数:28

登録拠点:東京・大阪・神戸・京都・名古屋・横浜

 

JACリクルートメントは転職希望者の視点に立った転職支援を行う転職エージェント

 

 

ただ、残念な事に、以前は第二新卒も含め、全ての転職者が対象でしたが、最近は年収500万円程度の転職者への支援に特化しています。年収500万円ですので、第二新卒。20代前半の方は利用がやや難しくなってしまいましたが、その分、対象の方へは引き続き手厚い支援が期待できると予測されます。

 

本来は人生設計に悩む若者への支援を強化して欲しいところですが、以前と異なり、第二新卒や若年層のみの転職支援を行う転職エージェントも増えてきてますので、住み分けが出来ていいのかもしれません。

 

JACリクルートメントの特徴がよく分かる口コミ

同時期にリクルートエージェントさん、DODAさんのサービスを受けていたが、前者は私の希望どおりに可能性を度外視して淡々と手続きを進めようとするだけ。

 

後者はむしろ、希望職種・業種をあれこれ理由をつけて断念させ、営業職に応募させようとする押し問答が続くだけだった。

 

それに対してJACさんは、設定されたゴールに対するアプローチを幾つも用意して頂き、利益を度外視したサポートをして頂いた。

 

求人サイトからの自力での応募も並行し、最終的には自力で応募した企業の内定を受ける事にしたが、悔いのない充実した就職活動をする事ができた。

28歳男性 SEの方からの投稿です。

 

このような口コミは非常に多く、他の大手人材紹介会社(転職エージェント)よりもキャリアコンサルタントの対応を絶賛する投稿が非常に多いのが特徴です

 

今回のように転職サイト経由で内定を獲得しちゃうとちょっと申し訳ないかもね(私もそうでした)

 

JACリクルートメントの特徴まとめ

  • 年収500万円以上の方の利用が好ましい。
  • 30代~50代に強い。
  • 転職成功者の70%以上が35歳以上。
  • キャリアコンサルタントが親身。対応が早い。
  • 職務経歴書添削や面接対策のサポートが良い。
  • 希望業種・職種と関連する求人の案内もあり、自分の可能性を広げる事ができる。
  • 求人の多さはリクルートエージェントやDODA(インテリジェンス)には劣る。
  • 外資系、英語を使った仕事に非常に強い。

 

転職エージェント関係者ならJACリクルートメントをこう使う

JACリクルートメントは、日本の転職市場のパイオニア的存在で、早くから外資系企業の紹介にも力を入れてきました。今回は、その特長である外資系転職にフォーカスしながら、おすすめの賢い利用法を説明します。

 

JACリクルートメントは、日本の転職市場ではとてもユニークな存在で、他の大手企業が派遣や転職サイト運営など、事業を多角化させて収益の安定化を図る中、ほぼ唯一、人材紹介のみに特化してきた大手転職エージェントです。

 

ハイクラス・外資系企業といった、人材紹介手数料の単価が高い案件に強みがあること。特に役員クラスの人材紹介案件が充実していることでも知られています。

 

歴史も長く、まだ日本で終身雇用が根強かった1988年に事業を開始。その後、中国・香港、シンガポール、インド、イギリスといった海外拠点も充実しており、海外に関わる仕事、語学力を活かしたい転職者には、ぜひ登録をおすすめしたい転職エージェントです。

 

英語を使った仕事の場合、ネット上で事前エントリーをするのですが、英語の職務履歴を登録する欄が表示されるのです。(語学力不要の転職希望の方は飛ばすことができます。)

 

ここで求められる英語力とは、英語を勉強したので「やってみたい」とか「できる」というレベルではありません。英語力に「自信がある」。

 

すなわち、ネイティブと同じ発音、とまではいかなくとも、まともなビジネス英会話が成立するレベル(できれば英語で面接して条件交渉ができるレベル)でなければ、「英語力がある」と評価してもらえません。TOEIC800点は低い方で、900点クラスの実力を求められる案件がゴロゴロあると思ってください。

 

そして、英語力とは不思議なもので、ネイティブより英語ができる日本人の方が、英語力の評価は厳しいもの。準備不足でこうした転職エージェントに登録に行き、キャリアコンサルタントから語学力が低いと判定されたら、その後は、求人案件をさっぱり紹介してくれないものと覚悟しておきましょう。

 

JACリクルートメントのような転職エージェントが、外資系企業や、語学力を必要とする日本企業への紹介に、高い語学力のハードルを課すには、日本の複雑な英語力事情があります。

 

日本では、外資系・国内系企業を問わず、それぞれの企業に独自の英語力文化があります。例えば、今はビジネス英文メールの教科書を開くと、「今どき、書き出しにwe please to〜と切り出すのは古い」と書かれていますが、実際にはwe please to〜と書き出さなければ先輩に怒られる。

 

下手すれば英語力がないという烙印を押されかねない、という職場がたくさんあります(心配な方は調べてみましょう)。こうした傾向は、日本に進出してから長く、日本人スタッフが多い外資系企業に目立ちます。

 

したがって、応募先の外資系企業の「英語文化」に合わせられる柔軟性があり、高いレベルの語学力のある人材を紹介しないと、JACリクルートメントへの評価が悪くなってしまう・・・という背景があります。

 

外資系企業の転職にチャレンジしたい転職者の方に必要なポイントは、とにかく転職エージェントへ登録の前に準備を!の一言です。

 

準備することはTOEICの点数はもちろんのこと、ビジネス上のフォーマルな英文レターの書き方、英会話(英語で面接される場合もあります。)といったビジネス英語分野の多岐にわたるものです。

 

英語を使った仕事、外資系を狙う場合は外せない転職エージェントです。能力を認められれば、得意分野だけあって、様々な求人を紹介してもらえるでしょう。

 

今回は英語を使った・外資系への転職のケースを取り上げましたが、JACリクルートメントはハイキャリアの転職にも注力している転職エージェントです。

 

30代、40代でさらなるキャリアアップを狙いたい方にとってはチェックしておきたい転職エージェントと言えます。

 

JACリクルートメントがおすすめの人

JACリクルートメントの場合は、内定の可能性が低くても目標を実現しようとする姿勢が非常に強く、転職者の視点に立った支援をしてくれます。これは、人材紹介会社(転職エージェント)の視点から見ると、利益が上がりにくく効率が悪い事と言えますが、転職希望者としては非常に嬉しいことですね。

 

よって、全ての人におすすめ!と言いたいところですが、ここで1つ注意があります。JACリクルートメントはミドルキャリア以上の転職支援に積極的です。目安として500万円以上の転職が得意な領域となります。

 

やりたい事があって、その目標を何としても達成したい方にって、JACリクルートメントは最もマッチした人材紹介会社(転職エージェント)と言えますが、年収が低い方は門前払いされる可能性も考慮しておきましょう。

 

また、求人数は決して多いわけではないので、転職しやすい会社をどんどん紹介して欲しいのならば、リクルートエージェントやDODAなど、求人数がさらに多い人材紹介会社(転職エージェント)を利用するのが好ましいでしょう。

 

以下記載の通り、ほぼ全ての業種・職種の転職支援が得意ですが、特に外資系、英語を使った仕事にめっぽう強いのが特徴です。該当する人はJACリクルートメントを検討してみましょう。

管理部門(経理/人事/法務)、金融業界、メーカー(電気/機械/化学)、自動車/自動車部品業界、エネルギー/インフラ/プラント業界、ファッション/アパレル/スポーツ業界、メディカル(医療)業界、IT(通信/ソフトウェア/SI/コンサルティング)、Webサービス/ゲーム業界、消費財(コンシューマー)業界、流通/外食業界、食品/飲料業界、営業(セールス)、サービス/物流/商社、不動産/建設業界、外資系企業

 

 

JACリクルートメントの口コミ比較

JACの口コミの一部を抜粋して紹介します。全ての口コミはJACリクルートメントの口コミ比較からご覧ください。

サービスの流れが分かる口コミ

定期的な面談もありサービスに満足 - JAC以外は音沙汰なし

私は、まだ転職活動中なのですが、JACさんを利用しています。最初に担当の方とヒアリングをして、そのあとに自分にマッチした会社を何社か紹介して頂きました。

その後もビックリするくらい会社を紹介していただいているのですが、私としては今までやってきた仕事以外で、営業職であれば何でもチャレンジしてみたかったので、嬉しいサービスです。

また、実際に受けてみる職種ごとに担当の方がいて面接におけるアドバイスをしてくれます。(中には内容が薄い方もいらっしゃいますが、、、) 1ヶ月~1ヵ月半に一度担当の方と再度ヒアリングを行い、意思疎通をはかり、紹介職種の修正を行いました。

27歳 男性 営業

 

丁寧な対応だが希望と一致しない求人の紹介も
JACには合同企業説明会で声をかけていただいたのがきっかけで登録しました。まず最初に希望職種などを訊くために面談をします。

私は二人の担当の方にお世話になりました。(2週間進展がない場合は担当者が変更されるようです)

ノルマのようなものがあるからでしょうか、こちらの希望とは違う求人が多く紹介され、とにかく次の会社を決めさせようとしているように感じました。

たださすがお客様と話す職業だけあって、言葉づかいや見た目はきちんとされていて洗練された感じの方が多かったように思います。

今までのキャリアを活かしてステップアップのために転職されるかたならば、一般に公開していないような優良企業を紹介していただけると思います。

ただ、職種や業界を変えたい方は今までのキャリアを活かして同じ職種、業界を進められる可能性が高いと思います。

25歳 男性 営業

 

 

JACリクルートメントの良かった点

30代後半でも前向きな対応

リクルートエージェントでは年齢(37歳)と転職2回目というだけで、登録しても難しいですと言われましたが JACリクルートメント は違いました。

本人の希望や印象、キャリアを分析し、会社を紹介してもらえます。 募集年齢をオーバーしている会社でも、人事の人と話をして面接に持って行ってもらえるなど、アドバイザーさんは親切でした。また、職務経歴書の悪いところや、企業ごとに面接のポイントなど細かく教えていただけます。

37歳 男性 製造業

 

ブラック企業の場合は教えてくれる
何社か利用しましたが、1番対応が良かったです。親身になって、相談にものって下さったし、希望する職種での求人をきちんと探してくれました。

ああいうキャリアカウンセラーの人は、やはり会社としてブラックも勧めなくてはいけないみたいですが、ここはブラックなので一応ご紹介はしますが、受けなくていいですみたいに教えてくれます。他のとこは平気でブラックも勧めてきました。

他社では、リクルートエージェントも利用しましたが、求人数は確かに多いですが、なんか担当者が上から?(利用した知人も同じこと言ってました)な気がしました。でも、面接受ける際の情報などはしっかりしてます。

あと、typeも私は好きでした。担当の方が非常に親身になって対応して下さった。けど、求人が自動マッチングみたいなので来るので、結構外れてたりもしました。

色々利用させて頂きましたが、JACがダントツでいいです。私は色々あって、求人が少なかったですが、その中でも担当者の方が一生懸命考えてくれて、見つかったらすぐ連絡くれて、全力で私のこと推してくれてました。

24歳 女性 営業

 

求人の紹介は30件以上-非公開求人が魅力
この会社を利用して良いと思ったところは案件を多く持っていて、担当者の対応がとても親切で丁寧なところです。

紹介された求人は30件以上。会員登録後、担当者との初めての面接の際、担当者の対応がとても親切かつ丁寧だったことが印象に残っています。

面接では職務経歴から自分に合いそうな会社をピックアップしていただき、気に入った会社はその場ですぐに応募手続きをしていただきました。

求人についてはこちらから提示した条件に100%マッチしないが条件に近い会社も数多く紹介していただき、その中から興味を持って何件か応募しました。

担当者とのやりとりはメールがメインでしたが、急な求人が入ったときなどは電話でいち早く連絡をいただきました。

紹介していただいた求人は他の紹介会社と重複する案件も数多くありましたが、中にはこの会社から唯一紹介された求人もありました。

会社のHPでは募集していない非公開の求人も多く紹介していただきました。 人材紹介会社を利用する一番のメリットは非公開求人に応募することだと思うので、この点でもこの会社を利用するメリットは充分あると実感しました。

30歳 男性 回路設計

 

 

JACリクルートメントの悪かった点

志望していない求人の紹介が多い
いくつか外資系の小規模エージェントに登録していましたが、ちょっと規模の大きいところにもと思い、JACリクルートメントに登録しました。 感想は・・・他と比べてここが一番印象が悪いです。 私を担当したのはおそらく新人の20代の若い女性。まぁ一生懸命なのは分かるのですが、とにかく「数打ちゃ当たる」という方針なのか、一度のメールで10件くらい案件を紹介してきます。
30代 女性 人事

 

丁寧なのはいいけれど連絡が多すぎ
私の担当の方はとても丁寧な方だったんですが、電話、メールのやりとりがとても多く、留守電が入っていてもその2時間後にはまたかかってきたりします。

緊急な場合ならいいのですが、かけ直してみると状況把握なものが多く、なぜ待てないのか疑問に思います。

あと最終面接にまでいくと新しく他社の紹介はありませんでした。 その結果を見届けてからになるので就職活動が長引く恐れがあると思います。

24歳 女性 金融系

 

親身に対応してもらえるが、マッチング能力は疑問
多くの会社を大量に紹介する人材バンク型と少数できちんとマッチングしてくれるコンサル型がありますよね。 どちらも一長一短あるとは思うのですが、JACの立ち位置はその中間ではないでしょうか。

数は持っている。とはいえリクルートエージェントやDODAに比べれば少ない。質もまあまあ。 とはいえベンチャー企業のような本当に品質重視でやっている会社に比べると紹介する会社や仕事内容の理解はしていないケースが多いのでマッチング能力は・・・。

親身、親切という面ではずば抜けている。けど、それって本質ではないですよね。

29歳 男性 営業

 

 

 

おすすめ転職エージェントの比較表