お名前 リョウさん 性別 男性 年齢 24 現職 飲食業 志望 製造業

評判・口コミ

先日、初めて転職活動を行うということでインテリジェンスの京都支社に行ってきました。
そこでは、私が思っていた以上に転職が厳しいことを気づかされました。
私は、去年10月に前職の飲食業を7ヶ月で退職後、今まで離職期間があります。
離職期間中は、英語の勉強をしていました。
私は、将来経営者になりたいという夢があり、そのために英語が必要と考えたためです。
しかし、英語がすぐに身につくわけでもなく、今までダラダラときてしまい、働きながら勉強していこうと転職活動を再開することにしました。
自分では、若いし、第二新卒だし、意欲さえあればどこかいい会社にとってもらえるだろうと思っていました。
ところがこの考えは人材紹介会社に行って、厳しい状況という言葉に置き換えられました。
私のハンデは前職の期間が短いこと、そして、それを上回る離職期間があることでした。
勉強していたこの離職期間は企業にはマイナスでしかうつらないということを客観的な面から教わりました。
私はすぐに転職活動を始めることにしました。離職期間の延長は自分にとって不利。
今回、人材紹介会社に行って冷静な社会の意見を聞けました。

 

リョウさん投稿ありがとうございます。自分の状況について客観的な意見を聞けたのは大きかったですね。このまま、離職期間が長引くとさらに転職が困難になり、希望する仕事に就くのが難しくなったかもしれません。
人材紹介会社(転職エージェント) を利用する事によって、転職のプロから自分の状況を分析してもらえます。これは人材紹介会社でなければ難しいと思います。
自分のキャリアに自信がある人も、客観的に評価してもらう事で、今後どのようなキャリアを積んでいけばいいか参考にする事もできます。
上手に人材紹介会社(転職エージェント) を利用しましょう。

DODA(公式サイト)