「すぐ内定を出す企業はアブない」―。転職市場で根強く信じられているこのウワサは本当なんでしょうか?実は必ずしてもそうとは言い切れません。転職エージェントときちんとコミュニケーションを取ることで、こうした会社も十分見きわめ、納得感のある転職活動が可能になります。
 

「吉報」のはずの内定連絡が・・・

内定の連絡は転職者だけではなく、実は転職エージェントにとってもとても待ち遠しいものです。ところが、思ったより早く来てしまった場合、特に面接日当日や翌日に結果が分かった場合など、経験のある転職エージェントは注意して取り扱うようにしています。

 

転職者にとって、人生の転機となる転職活動中は心理的な振れ幅が大きくなります。本来は吉報であるはずの面接通過の連絡でも、予想より早く来たりしただけで、そこに様々なマイナスの感情が生まれるということを、転職エージェントは知っています。

 

例えば、

  • ちゃんと評価がされず、いいかげんな評価をされているのではないか?
  • 本当は誰でも良いと思っているのではないか?
  • ブラックな職場環境で人手が足りず、すぐ来てほしいのではないか?
  • 人気がない企業で応募者が少なく、すぐ内定が出てしまうのではないか?

 

といったところでしょう。転職エージェントが何気なく選考通過の連絡を入れてしまうと、かえって転職者を不安にさせてしまい、次の選考を調整するどころか、最悪の場合、転職者に選考辞退されてしまうという「修羅場」を招きかねないのです。

 

すぐに内定を出す企業の「さまざまな事情」

困ったことに、上記のような「事情」はあながち荒唐無稽とも言い切れないところがあります。実際にあるからこそ、「内定をすぐ出す企業は危ない」というウワサが根強く存在するわけです。しかし、コトはそう単純ではありません。ブラックな事情で内定がすぐでる会社というのは少数派で、圧倒的多数の「内定が早い企業」は、次のような事情があります。

 

  • すでに退職する方の退職日が決まっているので、引き継ぎを早く始めたい。
  • 面接の印象が非常に良かった。ドンピシャの人物なので、他の候補者を断っても早く決めたい。
  • もともと企業規模が小さく、何回も選考する企業ではない。
  • 現場での採用の裁量権が大きく、トップまでの面接がなくても、内定を出せる。

 

といったところでしょうか。 もったいないのは、第三者である転職エージェントからみると、十分マッチングしていると思われるのに、転職者本人のあいまいな不安によって、内定を辞退してしまうといったことが起きることです。 そこで、こうした不安は、転職エージェントとの的確なコミュニケーションによって解決し、納得感のある転職を実現しましょう。