転職エージェントサービスでは、求職者に合った求人を紹介してもらうことが出来ます。求職者に合った求人の紹介になるので、当然ですが求職者によって紹介してもらえる求人の数も違えば、質も違います。

求職者によっては「全然求人を紹介してもらえなかった」「自分が想定していた条件よりも劣る求人を紹介された」なんてこともあるのです。今回はそんな状況を避けるために「転職エージェントに求人をたくさん紹介してもらう方法」をお伝えします。

 

「内定する求職者」というイメージをもってもらう

まずは、求職者が「優秀である」という認識を持ってもらうことが重要です。転職エージェント側にとって、内定の出ない求職者はメリットを感じません。「この求職者は内定が出る方だな」と思ってもらえれば、たくさんの求人を紹介してもらえる可能性が高まります。では、「内定する求職者」と思わせるためには、具体的にはどんなことをする必要があるのでしょうか。今回は4つ説明します。

 

1)やりたい仕事を明確にする

自分がどんなことをしたいのかを、理由も含めて明確にして下さい。それを転職エージェント側にもしっかりと伝えることが重要です。それにより、転職エージェントは「自分の意思が明確な求職者だな」と考えますし、取引先の会社にも推薦しやすくなります。

 

2)論理的に転職理由を説明できる

転職理由はどの面接でも必ず聞かれます。そのため、転職エージェントは「エージェントとの面談で話せなければ、面接も厳しい」という視点で、転職理由を確認してきます。転職理由をしっかりと話せないという人は、転職エージェントとの初回面談の前に、準備しておくことをおすすめします。

 

3)自己分析が出来ている

自己分析が出来ていると、面接でも幅広い質問に回答できると転職エージェントは判断します。面接通過率も高いだろうと判断し、たくさんの求人を紹介してもらえる可能性があります。

 

4)明るく第一印象が良い

これは求人を紹介する転職エージェントの立場になって考えると分かりやすいです。初めて会うときに態度が悪い求職者と、明るく謙虚な求職者がいたとします。どちらも優秀であった場合、間違いなく後者に求人を多く紹介しませんか。転職エージェントは機械ではありません。やはり応援したいな、頑張ってほしいなと思える求職者にはたくさん求人を紹介してくれるはずです。

 

「とりあえず求人を受けたい」という話を伝えておく

「たくさんの求人紹介を受けたい」という意思表示をすることも非常に重要です。それを伝える時には、以下のことを意識すると、たくさん紹介してくれる可能性が高くなります。

 

「業界は絞らない」ことを伝える

業界によって求人数に偏りがあります。そのため、希望の業界を指定しすぎてしまうと、紹介できる求人が一気に減る可能性があります。業界に希望があったとしても、そこだけ紹介してほしいと伝えるのではなく、「●●業界志望だが、幅広く受けたいから業界絞らず紹介してほしい」などと伝えると良いでしょう。たくさん求人を紹介してくれた中からら自分で比較・検討して受けていけば良いと思います。

 

転職エージェントからの信頼を勝ち取る

求人を紹介してもらえるかどうかは、転職エージェントとの関係性で決まると言っても過言ではありません。なぜなら、求職者に対する求人紹介の裁量は担当した転職エージェントに一任されているからです。極端に言うと「転職エージェントからの信頼を勝ち取る」ことが必要なのですが、具体的にどんな行動をしていくと、信頼をしてもらえるのでしょうか。

 

1)電話の折り返し

転職エージェントにとって、大きなストレスは「求職者と連絡が繋がらないこと」です。電話が繋がらないことで、転職エージェントのスケジュールだけでなく、選考中の会社のスケジュールも崩してしまうのです。求職者側も仕事中だと、電話に対応出来ない場合もあると思います。その時はなるべく早く折り返しをすることをおすすめします。

 

2)素早いメール返信

メール返信のスピードは、ビジネスマナーを図る指標とも言えます。仕事を早くこなせる人は、メールへの返信もしっかりしています。求職者も仕事が終わったら、転職エージェントのメールに返信しましょう。細かな行動が、転職エージェントからの信頼を勝ち取り、たくさんの求人を紹介してもらえるきっかけになるはずです。

 

3)自分の進捗を常に報告

転職エージェントは「求職者が本音を言っているのか」というのを不安に感じています。「実は自己応募で最終面接まで進んでいるのではないか」など、自分が知らない進捗に関しては特に敏感です。転職エージェント側から他社状況は聞かれると思いますが、その時はなるべく正直に話すことをおすすめします。そして余裕があるなら、聞かれずとも自ら進捗報告をしても良いと思います。信頼度は増すはずです。

 

転職エージェントに「焦り」を感じさせる

優秀な求職者だなと思わせた後、さらに必要になるのが「焦り」という感情です。転職エージェントを焦らせることで、たくさんの求人を紹介してもらうことが出来ます。ここではその方法を説明していきましょう。

 

他社のエージェントサービスも利用していることを伝える

他社のエージェントサービスを利用し、さらに選考が進んでいると伝えてみましょう。転職エージェントは求職者を「内定が出る優秀な人」と思っているので、どうしても自社経由で内定を出したいと考えます。そうすると今まで見たことないような良い求人も紹介してくれる可能性があります。

 

求職者の心がけ次第で、求人数は変化する

紹介してもらう求人数というのは、求職者側の心がけで、大きく変化するのが分かっていただけたのではないでしょうか。紹介される求人を待つのではなく、求職者側からもたくさん求人を紹介してもらう働きかけをしてみてください。皆さんの実りある就職活動を願っております。