業種・職種により異なりますが、転職は30代後半から少しずつ辛くなり、40代から実力がなければ難しくなってきます。一兵卒としての採用ならば20代、30代で十分ですからね。40代以上となると、管理職候補としての採用か、即戦力としての採用となりますので、それなりのキャリアを積んでおく必要があります。ここでは、それなりのそれなりのキャリアを積んで来た方を対象とし説明したいと思います。

 

40代で必要なキャリア

40代の方は管理職としての能力が要求されますので、グループの長として業務をこなした経験が重視されるようになります。役職がついていない場合は、プロジェクトでのリーダー経験をPRするのが大切かと思います。

 

現職(前職)で立派な実績を残された方は、人材紹介会社(転職エージェント)にとっても魅力的な人材となります。極端な話、転職エージェントが企業に売り込むのは比較的容易で、転職させる事はそれほど難しくありません。

 

さらに、この年代は既婚で住宅ローン持ちなど、転職を比較的急ぐ方が多いうえ、企業に必要以上に理想を追い求めません。転職エージェントにとって、短期間で転職へと導く事が可能な効率の良い相手となります。

 

50代で必要なキャリア

50代の方は何らかの人脈がなければ転職なんてできないと思ってたのですが、最近はそうでもないようです。 利害交渉能力や変革推進能力、コーチング能力、問題解決能力を重視する企業は即戦力が期待できる50代を採用する機会が増えています。

 

リクナビNEXTが人事部1,000人に40代、50代の採用を検討するかどうかをアンケートしたところ、70%以上が採用の意欲を示しているという結果が出ています。詳細は40代・50代の転職事情をご覧ください。

 

転職エージェント(人材紹介会社)の選び方

人材紹介会社(転職エージェント)にとっては魅力的な人材という事は、求職者からすれば、人材紹介会社(転職エージェント)を選り好みできるという事です。 とにかく良いように利用してしまえばOKかと思います。

 

以下の条件に当てはまる人材紹介会社(転職エージェント)を2、3社登録すればそれなりの求人は紹介してもらえるかと思います。

  1. ハイキャリアの支援を行っている人材紹介会社(転職エージェント)

 

ポイントは、何と言っても①の求人の多い転職エージェントか、②のハイキャリアの転職支援を得意としているところでしょう。②のサービスの質については、適度のフォローがあればOKでしょう。 というわけで、以下の人材紹介会社(転職エージェント)をおすすめします。

 

おすすめの転職エージェント

40代以上の転職支援は積極的ではない転職エージェントも何社かあります。最近は40代の転職市場も活発化してますので、傾向は変わりつつありますが、以下の2社は40代、50代の転職支援に積極的です。他の転職エージェントよりも優先的に検討してみましょう。

 

リクルートエージェント

40代・50代の方はそれほどサービスの質にこだわる必要もないかと思いますので、求人数の多いリクルートエージェントはおすすめです。規模の大きい会社なので、40代・50代が応募しやすい、ハイキャリア専用の部門もあります。また、サービスの質も必ずしも悪いのではなく、キャリアアドバイザーによってはややムラがある程度です。期待を裏切らないかと思います。

 

JACリクルートメント

ハイキャリアに転職支援に特化している転職エージェント。転職支援の対象を年収500万円以上を対象としており、若手への転職支援は積極的ではなりません。40代・50代の転職支援はJACリクルートメントが得意とするところなので、遠慮なく相談してみましょう。丁寧な対応でも評判の良い転職エージェントです。

 

 

他の転職エージェントはおすすめ比較表をご確認下さい。

 

40代・50代の転職ノウハウ